« 奥沼津アルプス | トップページ | 鷲の巣山へ »

伊豆長岡温泉 あやめ湯

奥沼津アルプスの帰りは伊豆長岡温泉に出て、あやめ湯で入浴。

2014032121

ほんとは長岡南浴場に入浴しようと温泉場バス停で下車したのですけど、入浴時間が3時からということでした。まだ1時30分前ということもあって、諦め。近くに入浴できる施設があったのですが、入浴料が高額でとても登山者が気軽に入浴できる施設ではありませんでした。

ということで調べておいたあやめ湯に行ってみることにしました。バスに乗るほどではないかなとのんびり歩いていくと、温泉街から少し離れて、再び古奈温泉という少しこじんまりした雰囲気のある温泉街に入ります。すぐに見つかるか心配でしたが、路地をのぞくとすぐに見つかりました。見るとのれんがかかっていたので一安心。営業時間は午後は13時からでした。

入浴料は300円と安いです。券売機で券を買って渡します。
ロッカーを使うか聞かれたので、使いたいと言うと、ロッカーの鍵を渡してくれました。無料でした。

そんなに大きくはない内湯があるだけのシンプルな作り。アルカリ性単純泉ということですが、結構たっぷりとお湯が掛け流されています。お湯には少し塩素臭がありますが、嫌というほどではありません。お湯はちょっと熱めで、とても温まります。浴後のすべすべ感もあり、なかなかいいお湯でした。

演歌が結構な音量で流されているのにはちょっとまいりましたけど、建物は古いにも関わらずとてもきれいに清掃されていて、好感が持てます。地元の人に愛されるお風呂のようでした。

« 奥沼津アルプス | トップページ | 鷲の巣山へ »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆長岡温泉 あやめ湯:

« 奥沼津アルプス | トップページ | 鷲の巣山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ