« 藪山迷走 | トップページ | 伊豆長岡温泉 あやめ湯 »

奥沼津アルプス

21日(金)は奥沼津アルプスへ。

2014032101

伊豆箱根鉄道駿豆線の原木駅が出発点。

2014032103

しばらく歩いてから取り付きます。風がちょっと冷たい感じでした。登っていくと128mの付近に茶臼山の表示がありました。

2014032104

トラロープの急登などを頑張ると大嵐山(日守山)。展望台のようになっていて、富士がきれいでした。

2014032105

山頂には植栽と思われるスイセンがありました。少し汚れ気味ですね。

2014032106

大平山に向かって歩いていきます。途中からは左に眺めが広がります。もう下の方はわずかに緑が出ていて、芽吹きが始まっているようです。

2014032107

かなりの急登もあったりします。風の吹く場所に着くとそこは新城への分岐点でした。

2014032108

岩場を梯子で下って巻いたり、トラロープで登ったりしながら進んでいきます。途中の小さな岩からは目の前に大平山が見えます。

2014032109

最後は急登続きです。頑張って登ると大平山の山頂。ここは来たことがない、と思い込んでいたら、後で調べると13年前に来た山頂でした。覚えてないや。

2014032110

山頂からは、ちらりと海が見えました。

2014032111

多比口峠に向かって下ります。途中からは沼津アルプスの山なみが見え、その向こうには富士山。何度みてもいいですね。

2014032112

気がつかないうちに多比口峠を過ぎていて、気づくと鷲頭山への登りになっていました。岩っぽい尾根をこなし、登っていくと鷲頭山。大きな木と祠がありました。人もたくさん休んでいました。

2014032113

山頂からは駿河湾も見えます。南アルプスも見えそうですが、雲の向こうですね。

2014032114

多比口峠に戻ります。今度はきちんと見つけました。

2014032115

多比のバス停に下りました。伊豆長岡駅行きのバスは、30分に1本程度ですが、調べておいたおかげで約5分の待ちで済みました。

« 藪山迷走 | トップページ | 伊豆長岡温泉 あやめ湯 »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

いや~、懐かしいです。また行きたくなりました。

こちらからの富士山は右側に雪が多く、形も少し違って新鮮ですね。
私は数年前に、大平山から鷲津山、さらに沼津アルプスの途中まで歩きましたが
富士山は山頂部分が雲に覆われていました。
思い出しました。また行かなくては。。。(^^;

間違えました。
鷲頭山でした。

こちらでしたか~。
しかも営業時間があったなんて・・スイマセン、私は気づかなかったです(^^;;
奥沼津へのルートは今の地図には載っているんですかね?
私の持ってる古いのにはないです。
リブルさんなら実線なくても大丈夫ですけどね(^^♪

のぞむさん、こんにちは。

やはり良い山ですね。
もし次に行くことがあったら、大変ですけどトレーニングがてら、沼津駅まで縦走するのもいいかなと思っています。

はなねこさん、こんにちは。

こちらからの富士は宝永火山のへこみや宝永山のふくらみがかなり気になりますね。
左側の段丘のような形の部分もまたあまり見慣れません。
でも、それはそれでやはり富士ですね。

ぜひ再訪の際には、青空の日に当たるといいですね。

cyu2さん、こんにちは。

自分の伊豆の登山地図は2002年版なのですが、
時間は書いてないものの赤線は入っていますよ。
持って行ったのは、2万5千の地形図でしたけど。

登山道に入ってしまえば、そんなに迷うようなところはありませんでした。
道標も少ないけどありますので、cyu2さんなら山道に慣れているでしょうから、問題ないと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥沼津アルプス:

« 藪山迷走 | トップページ | 伊豆長岡温泉 あやめ湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ