« 矢川緑地から谷保天満宮 | トップページ | 矢祭山付近のお花達 »

矢祭山駅から

2回目の奥久慈付近の山は、檜山と矢祭山へ。

2014032901

常磐線と水郡線を乗り継いで矢祭山駅へ。降りたときはすでに11時近い時間でした。
なかなか珍しい駅舎ですね。

2014032902

サンシュユが咲いていましたが、これは植栽でした。

2014032903

登っていき、林道に出てしばらく歩くと、再び登山口があります。

2014032904

だいぶじぐざぐに登っていくと、石仏が置かれていました。写真にも見えるように寛政三年(1791年)のもののようです。

2014032905

少し登ったピークから前方下に矢祭山を見ることができます。その向こうには見知らぬ山が並んでいました。

2014032906

わずかに尾根を辿って急登で檜山の山頂に着きます。静かなピークでした。

2014032907

あれは熊だなかな?このあたり標高は低くてもいるみたいですね。

2014032908

眼下には久慈川の流れと町並みを見ることができました。

2014032909

本当は夢想滝への道を下りたかったのですが、残念ながら倒木のために通行止でした。仕方なくバンガロー付近へ下る道を取りましたが、最初は植林で失敗したかと思いましたが、小さな沢沿いに出ると明るい道でよい道でした。久慈川に出るとへつるように歩ける道がありました。

2014032910

あゆの吊橋は以前は通行料がかかったようですが、今は無料になったようです。流れの速い久慈川を渡り、矢祭山公園に入ります。梅がひっそりと咲いていました。

2014032911

探鳥路から藪尾根に入って、最高点を目指しました。かなりの急登で辛い登りでしたが、なんとか最高点に着きました。雷神社の石碑が置かれていました。

2014032912

近くにはダンコウバイが多く咲いていました。それなりの花付きのようです。

2014032913

ヒオドシチョウが舞っていましたが、残念ながら標準レンズでは無理でした。

2014032914

下っていきます。途中からはさきほど登った対岸の檜山をしっかり見ることができました。真ん中下の小さく見える橋があゆの吊橋です。

2014032915

列車が来るまでだいぶ時間が余りました。あゆの塩焼き(中\300)を土産物屋で買い、駅舎で食べると、淡白だけれどしっかりと味があって美味しかったです。ちょっとビールが飲みたくなりましたが我慢我慢。(^^;

ホームから梅などを見て、列車が来るのをのんびり待ちました。

« 矢川緑地から谷保天満宮 | トップページ | 矢祭山付近のお花達 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

ずいぶんと遠くまで行かれたんですね。
矢祭山駅舎はちょっと変わっていますね。「驛」ですし。
あの石仏はいい感じですね。
こんなのを見ると、里山っていいなぁと思います。
>その向こうには見知らぬ山が並んでいました。
これには思わず吹き出しました。(失礼 ^^;)
私もこんど使ってみようかなぁと思います。

はなねこさん、こんにちは。

やはりなかなか行けない遠い山ですね。
矢祭山の駅舎は随分年季の入った駅舎です。
東北の駅百選に入っているそうです。

矢祭山はツツジの名所だそうですので、5月頃は華やぐ季節になるでしょうね。

最近は随分石仏も少なくなりました。
あそこのものはかわいらしい感じですね。

>これには思わず吹き出しました。(失礼 ^^;)

あれ、そうですか。
まあ、文章としては「名も知らぬ山が並んでいました。」の方が適切かもしれませんが。
どうも自分はなんとなく使ってしまいます...。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢祭山駅から:

« 矢川緑地から谷保天満宮 | トップページ | 矢祭山付近のお花達 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ