« 鷲の巣山へ | トップページ | 矢祭山駅から »

矢川緑地から谷保天満宮

このところ忙しいのでアップが遅れまくりですが、天気の良い日、国立周辺をお散歩に。

2014040301

南武線西国立駅を出て、しばらく歩くと矢川弁財天があります。

2014040302

狛犬の代わりに大蛇の石像が左右に置かれていて、珍しかったです。

2014040303

桜の一種ですが、カンヒザクラだそうです。

2014040304

この散歩をした時点ではまだ普通の桜は咲いていませんでした。比較的早い時期に咲くようですね。

2014040305

矢川緑地に入ると大きな木。

2014040306

木道がなかなかいい感じ。

2014040307

水辺にはカルガモらしき鳥が多かったです。

2014040308

シロサギもいて、結構近いところに。望遠レンズは持っていなかったのが残念な所。

2014040309

緑地を出てしばらく歩いた小さな公園が、ママ下湧水公園。
案内板によると多摩川によって作られた階段のような崖になっていて、このようなところをこのあたりでは「まま」「はけ」などと言い、そこから湧き出る地下水を「ママ下湧水」と言っているそうです。昭和初期までこの水でワサビを作っていたそうな。

2014040310

この先、ハケ下の散策路を歩こうと思ったら、現在、散策路工事中のため通行止めでした。来年夏頃まで通行止のようです。
ハケの上には普通に歩ける道路があり、そちらを使えば古民家にたどり着けます。ここは以前にも訪れたことのある古民家なので入りませんでした。

2014040311

久しぶりに谷保天満宮でお参り。南武線谷保駅は近いですが、そのまま歩いて中央線国立駅まで歩きました。

(3月下旬歩く)

 

« 鷲の巣山へ | トップページ | 矢祭山駅から »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

 リブルさん、こんばんは~。 ご無沙汰してます。
 ここらへん、実は私の小さいときの遊び場でした。
 小学生の頃、このあたりまで、自転車で遠征して(笑)、よくザリガニ捕ってました。
 実家のあたりはすっかり変わってしまったけれど、このあたりはあまり変わっていないみたいですね。
 谷保天満宮は七五三や初詣で何回か訪れた場所なんです。

 懐かしいもの見せてもらってありがとうございます。
 私も久々に谷保天(ヤボテン:これが地元の通称です)行きたくなってしまいました。

 ちょっと都合が付かなくてなかなか山には出かけられない日々が続いていますが、
 そろそろお花の季節も本番ですから、来週あたり何とか出掛けたいな~なんて
 考えています。 

ゴン太さん、お久しぶりです。

昔は、このあたりにお住まいだったのですね。
以前、谷保天満宮に訪れた時は、やはり七五三の時期だったと思いますが、たくさんの参拝客で賑わっていました。

あまりきれいとは言えませんでしたが、このときはまだ梅もそれなりに咲いていて、売店などもやっていました。
ちょっと散策したりするのにもいいところですね。

お花が一気に咲き出して楽しいですね。
ぜひまた、ゴン太さんらしい山歩きの話を読ませてくださいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢川緑地から谷保天満宮:

« 鷲の巣山へ | トップページ | 矢祭山駅から »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ