« シロヤシオを見に大木戸山へ | トップページ | 大谷ヶ丸へ »

思索の森ハイキングコース

先週は忙しかったので疲れが残り、日曜日は秩父のごくごく軽いハイキングコースへ。

2014052901

家を出たのは9時。横瀬駅で下車した時にはすでに11時30分過ぎ。
でも、今日の行程ならなんとかなるでしょ。

2014052902

ガードをくぐって先へ行き、道標に従いますが、思索の森コースは案内されていないようです。

2014052903

入口は草がかぶっていて分からず、入口に住まわれている方に聞いてみたら、草があるけど歩けますよ、とのことでした。見つけて進むとその先は普通の道。ニガナが咲いていました。

2014052904

木祠があるのはお天狗様。その先はちょっとヤブっぽい道になります。

2014052905

モミの木でしょうか。大きな木を見ると愛宕神社は近い。

2014052906

分岐を曲がれば、すぐに愛宕神社でした。さすがにこの時期は眺めはありません。

2014052907

尾根道を辿っていくと天王山。現地の案内板によると、「天王様」と呼ばれる八坂神社が建っていたそうです。ちなみに「天王様」は疫病をおさえる神、「牛頭天王」からきているそうです。

2014052908

静かな尾根道を辿っていきます。民家が右手下にうっすらと見えたりして、あまり山深い感じはありませんが、辿る人はあまりいなさそうです。

2014052909

先ほどの道標から下っていけば、武甲山を間近に見える場所に出ました。

2014052910

のんびり道路を道標に従って歩いていくと羊山公園に着きます。もちろん芝桜は終わっていますが、ほんのわずかに咲き残っているのが見られました。

西武秩父駅まで歩きました。
ちなみに駅に着いたのは1時20分頃でしたので2時間ほどの歩きでした。

« シロヤシオを見に大木戸山へ | トップページ | 大谷ヶ丸へ »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思索の森ハイキングコース:

« シロヤシオを見に大木戸山へ | トップページ | 大谷ヶ丸へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ