« 丹沢の新緑を楽しむ | トップページ | 奥多摩の新緑とシロヤシオを見に »

飯能の低山を

GWの最後、6日は天気が今ひとつでしたが、埼玉の飯能へ。

2014050601

歩き出しは終点の美杉台ニュータウンバス停。

2014050602

しばらく歩いて下畑のバス停。近くには都営バスのバス停もあり、そちらはとてもきれいなのですが、国際興業バスのバス停はかなりの年代モノで昭和の頃からありそうなバス停。

2014050603

赤根ヶ峠への道に入ります。

2014050604

途中にはツボスミレがちらほらと咲いていました。

2014050605

山深い感じの所に入っていきます。やがてまた手製の道標を見て、登ると上畑からの道が合流します。

2014050606

やがて石仏を見て、赤根ヶ峠に着きます。静かな峠ですが、ハイキングコースとして整備されたようです。

2014050607

工場の裏手などをしばらく歩き、こちらも最近作られた龍崖山公園。谷から吹き上げる風が涼しい感じでした。

2014050608

公園の一番下から龍崖山への道に入ります。樹林の中を登っていくと眺めがある場所があります。工場の向こうの小さな丘陵がさきほど歩いた赤根ヶ峠の一角。

そういえば、これと似た風景を見たことがあります。それは、もう5年も前の事。このあたりが工場用地として造成中だったことを知らず、赤根ヶ峠付近を探索しようとヤブ山に突っ込んだことがあるのです。その時と同じあたりの山がハイキングコースとして整備されているのです。

2014050609

燧山の表示。なんとなく来たことがあるような気が。

2014050610

しばらく歩くと龍崖山に着きました。

2014050611

天気が良い日なら270度くらいの展望がかなり楽しめそうな場所です。

2014050612

ちょっと下ってマンガン鉱山跡。不気味な穴が開いています。案内板によると1970年代にはほとんどの鉱山は停止したようです。

2014050613

途中もなんとなく歩いた気がしていましたが、見た覚えのある神社に着きました。
やはりあの時に出た神社でした。すごく感慨深い気分でした。

2014050614

吾妻峡を渡ります。GWのせいか、河原でバーベキューなどをやっている人達がいました。

2014050615

登り返して多峰主山の付近はツツジが満開でした。このあたりは植栽っぽいですね。

2014050616

しばらく歩いて久しぶりの天覧山。

2014050617

ここも本当にツツジが満開でした。

2014050618

下っていく道もツツジロード。終わりかけっぽい木もありましたけど、十分に楽しめました。

|

« 丹沢の新緑を楽しむ | トップページ | 奥多摩の新緑とシロヤシオを見に »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
いつもブログ拝見しています。
本当によく藪山や低山を歩いていらっしゃいますね。
たとえ低くても、魅力のある山は沢山あります。
私も最近、その地区の持つ歴史と登山をあわせた山旅をしています。
先週末は、静かになった御前山を檜原村最奥の藤倉集落から、
国の重文に指定された「旧小林家住宅」に寄って、かつて檜原と氷川を
行き来した「小河内峠」を通り、御前山から奥多摩湖へと歩いてきました。
山頂以外ではほとんど登山者にも会わず、静かな新緑の山旅ができました。

投稿: たまびと | 2014年5月13日 (火) 12時39分

たまびとさん、こんにちは。

いつもご覧頂き、ありがとうございます。
山の本も紹介したいのですが、山歩きが多すぎて、レポ書くだけで精一杯です。(苦笑)
山の面白さは高さだけではありませんね。

御前山も良い山ですね。
藤倉から小河内峠というと陣馬尾根でしょうか。
10年以上前に歩いたことがありますが、
あそこは確かにあまり人には会わない静かなルートでしょう。

藤倉にはそのような建物があるのですか。
これは知りませんでした。自分も見てみたいですね。

今年はどこの山も特にきれいに思えます。
やはり5月の新緑の山歩きはいいものですね。

投稿: リブル | 2014年5月13日 (火) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯能の低山を:

« 丹沢の新緑を楽しむ | トップページ | 奥多摩の新緑とシロヤシオを見に »