« 白馬岳から栂池付近のお花 | トップページ | 白馬岳から栂池付近のお花3 »

白馬岳から栂池付近のお花2

その1からの続きです。

2014071240

これはオヤマノエンドウでしょうか。

2014071241

これはチシマアマナと思われます。もちろん初めて会うお花。

2014071242

やっぱりいました!ツクモグサ!旬は少し過ぎていましたが、会えるとは思っていなかったので、とっても嬉しかったです。(^^)

2014071243

天気が悪いと花が閉じているのですが、こんな姿もかわいいですね。

2014071244

これはイワベンケイ。

2014071245

タカネヤハズハハコ。以前に見たものはもう少し立った感じでしたが、このあたりは風が強いのか、ちょっと這っている感じがありますね。

2014071246

キバナシャクナゲもありましたよ。

2014071247

久しぶりに見つけたクモマスミレ。ちょっと状態が悪い上に風が強くて、ベストの写真にはなりませんでしたが、やはり黄色のスミレは会えると嬉しいですね。

2014071264

アオノツガザクラ。

2014071248

これだけたくさん咲いているのにはびっくり。

2014071249

コイワカガミはピンクが強いですね。

2014071250

チングルマ。以前はアルプスの山に行けば、どこででも見られるくらい普通のお花でしたが、最近は随分少なくなりましたね。

その3に続く。

« 白馬岳から栂池付近のお花 | トップページ | 白馬岳から栂池付近のお花3 »

お花」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんばんは
やはり白馬岳のお花は素晴らしいですね。
ウルップソウにツクモグサ、クモマスミレ!
今度はリブルさんの行かれた頃に行ってみたいです。

はなねこさん、こんにちは。

この時期の白馬岳は楽しいですね。
ツクモグサやウルップソウの頃はまだ大雪渓の上の方のあたりは少しお花には早いようですね。
どちらに時期を合わせるか、考えちゃいますが、
自分はまだツクモグサもウルップソウも見たことが無かったので、この時期でよかったです。

まだ白馬鑓温泉なども小屋はやっていなかったせいか、
人も少なめで、静かで良かったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白馬岳から栂池付近のお花2:

« 白馬岳から栂池付近のお花 | トップページ | 白馬岳から栂池付近のお花3 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ