« 筆塚を見に | トップページ | 塔の峰ハイキング »

しと降る日は高尾の周遊コース

雨の5日(土)は高尾へ。

2014070501

なんかたまには雨の中を歩こうと思い、高尾駅で下車するとしっかり雨。少し歩くとヤブカンゾウが咲いていました。

2014070502

久しぶりに梅の木平に行きましたが、途中の圏央道の高尾ジャンクションを通ります。
右側に歩道ができていて、トンネルをくぐったりします。
かなり車が多く、これでは高尾の自然も影響を受けることは必至な情勢ですね。

のんびり歩いていき、グリーンセンターを過ぎると登山道になり、雨のせいかどうか、だいぶ夏草や垂れ下がった木の枝に邪魔される道でした。三沢峠に出ました。

2014070503

大垂水峠を目指します。途中にはオカトラノオがよく咲いていました。

2014070504

気分によって小ピークを通ったり、巻き道を通ったり、適当に歩きました。
ランナーさんが抜いていきましたが、みなさん傘も雨具も持たず、普通の格好で走っていくのにはびっくり。中沢山は静かでした。

2014070505

歩いていくと大洞山。この付近、だいぶ夏草がかぶるところがあります。蒸し暑いし、湿気でレンズもよく曇りました。

2014070506

大垂水峠を過ぎて城山に向いました。途中にはアカショウマ。

2014070507

雨の中、一人歩くのもまた趣があります。

2014070508

途中には今年初めてのウツボグサ。

2014070509

城山山頂の売店もこの日はさすがにお休み。屋根の付いたお休み所が空いていたのでラッキーでした。

2014070510

高尾山に向いましたが、山頂はパス。四号路、一号路と歩きました。途中にはオオバギボウシが咲き出していました。

高尾山口駅まで戻りました。

« 筆塚を見に | トップページ | 塔の峰ハイキング »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんばんは
南高尾に行かれたのですね。
ちょうど見頃だったのではないしょうか。(^^)
あの雨では比較的静かだったのでは・・・と思いましたが
トレランの方たちは、雨など気にされないのですね。

はなねこさん、こんにちは。

>ちょうど見頃だったのではないしょうか。(^^)

???
雨で足元ばかり見ていたので、何も見ませんでした。

なかなかランナーさんも強いですね。
一組だけじゃなくて、何組もパスしていきましたが、みなさん普通の格好でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しと降る日は高尾の周遊コース:

« 筆塚を見に | トップページ | 塔の峰ハイキング »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ