« しと降る日は高尾の周遊コース | トップページ | 小田原温泉 八里 »

塔の峰ハイキング

6日(日)はのんびりハイキングで箱根へ。

2014070601

久しぶりに箱根湯本駅で下車します。

2014070602

箱根登山鉄道のガードをくぐって登っていくとあじさいがよく咲いています。

2014070603

しばらく登ると茶の花碑。昔、温泉に来たお客さんをここまで見送りに来たところだそうな。
でも、なんで「茶の花」なのかな?

2014070604

さらに歩くと阿弥陀寺への入口。ひっそりとした谷間の道に入ります。

2014070605

しばらく登ると参道が横にあり、石段を登りました。阿弥陀寺に着きましたが、思ったほどあじさいは多くない模様。時期をちょっと外したのかな?

2014070606

それでも種類はいろいろありました。これはタマアジサイ。

2014070608

塔の峰に向います。結構暗めの樹林の中を登るので、夏でも直射日光を受けることは少なそうです。途中にはしっかりきのこがありました。

2014070609

一人下っていく人に会いました。
塔の峰は静かな山頂。もちろん誰もいませんでした。

2014070610

水之尾方面に向います。入口がちょっと夏草で分かりにくかったですが、その先へ行けば、ポールがあり、踏み跡は続いています。ただし、植林の森で面白みはちょっと少ない感じです。

2014070611

やがて林道に出て、さらに進むと上水之尾用水溜池がありました。

2014070612

林道を下っていきました。民家がでてきて、そのあたりで荻窪用水路への道が分岐したようですが、これを見逃して進んでしまいました。写真だと分かりにくいですが、久しぶりに海を見る山歩きでした。

2014070613

これまた久しぶりの双体道祖神。おじいさん、おばあさん風ですね。

水之尾のバス停まで行ってしまい、少し戻って山道を下り、風祭駅へ歩きました。

« しと降る日は高尾の周遊コース | トップページ | 小田原温泉 八里 »

登山(箱根)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塔の峰ハイキング:

« しと降る日は高尾の周遊コース | トップページ | 小田原温泉 八里 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ