« 塔の峰ハイキング | トップページ | 花の白馬岳へ »

小田原温泉 八里

風祭駅からわずかに歩くと、国道沿いに小田原温泉八里がありました。

2014070621

ちょっと現代的な作りとは言えない、どちらかというと鄙び系の施設。
入るのにちょっとばかり勇気が要りましたが、営業中の文字を見て、おそるおそる入ってみました。

元々は旅館だったそうですが、今は日帰り温泉として営業している施設のようです。
入浴料は500円で、今どきにしては比較的安価でした。
受付の方の話しでは、ちょっと前に30人くらいのランナーさんのグループが入浴していたということでしたが、帰った後のようで空いていました。

浴場はやはり旅館のお風呂のようなこじんまりした感じです。5~6人でいっぱいでしょうか。
アルカリ単純泉で、あまり濃いお湯ではありませんが、入浴していると体に気泡が付き、なかなかいいお湯です。加温しているということで、比較的ぬるめ、でもこの時期、長く入るとものすごく体の心から熱くなりました。
地元の方も多いようで、先に入浴されていた方は30年以上、このお湯に入浴していると話しをされていました。療養などで来ている人も多いようです。

帰りに下駄箱の靴を取り出すと飴玉が。受付の方が入れてくれたようです。
なかなか良い温泉でした。

« 塔の峰ハイキング | トップページ | 花の白馬岳へ »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちは。
あれ?意外にもここ初めてでしたっけ?
私は箱根日帰りの時はついついここに来てしまいます。(鈴廣ビール目当て)
おばさんに「体ちゃんと洗ってから入ってね」って言われませんでしたか?(笑)
毎回言われている私は相当汚そうに見えるのかなぁ( ̄▽ ̄)
飴ちゃん、いつも入れてくれます。

cyu2さん、こんにちは。遅くなりました。

cyu2さんもよく行かれているのですか。
ここは鈴廣の目の前ですから、確かに便利ですね。
特には言われなかったけど、効能とか窓を開けないようにかなり説明されました。
人によってはうるさく感じてしまう人がいそうです。

1時間という入浴時間も微妙です。
冬場だともうちょっと入りたい、なんて事もあるのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田原温泉 八里:

« 塔の峰ハイキング | トップページ | 花の白馬岳へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ