« やっぱり草津温泉 | トップページ | 奥多摩のアゲハチョウ »

レンゲショウマを見に御岳山

16日(土)は御岳山へ。

2014081601

なぜか東京や神奈川以外は雨予報。
こんな時は近場でしょうと奥多摩も午後から雨予報があったけど、出かけて見ました。
川井駅から歩き出し、まずは梅沢のイヌグス。なかなか大きな木でした。

2014081602

ちょっと悪い子になって、とある尾根を登ります。ヤブはなくて歩きやすかったものの、ひどい蒸し暑さでした。

2014081603

登山道に出れば歩きやすくなるものの、蒸し暑さは変わらず。

2014081604

霧の中に入るので少しは涼しいかと思ったけど、だめでした。

2014081606

久しぶりの大塚山。

2014081605

コバギボウシらしいですが、結構咲いていました。

2014081607

しばらく歩いてレンゲショウマ群生地で撮影。

2014081608

お花はちょっと少ないです。暑さのせいなのか、それともやっぱり今年ははずれ年?

2014081610

ソバナも咲いていました。

2014081609

ヤマジノホトトギスでしょうか。

2014081611

安産杉はかなり大きな杉ですね。左奥は夫婦杉。

2014081620

御岳神社でお参りすると、右手奥が入れるようになっていました。初めて入ってみると、御岳山山頂の表示がひっそりと立っていました。

2014081612

ロックガーデンに向うと子供連れの人達などで登山道渋滞。ようやく七代の滝に着きました。まずまずの水量。

2014081613

フシグロセンノウが咲いていました。

2014081621

久しぶりにロックガーデンで休憩しましたが、蒸し暑さがひどく、こんな沢沿いでもやっぱり涼しくなかったです。

2014081614

タマガワホトトギスも咲いていました。

2014081615

登っていくと綾広の滝。暗いのでてぶれ気味。

2014081616

長い距離歩く気にはならず、表参道を下ります。

2014081617

ケーブルカーの滝本駅近くには、滝本の大杉があります。幹周り5.7mだとか。

2014081618

バスに乗るつもりでしたが、あまりにもたくさんの人の行列に嫌気がさして、結局歩いて下ります。御岳渓谷歩道に入ると、奥の方の山はガスの中でした。

2014081619

御嶽駅へ。駅前の出店でわさび漬けを売っていたので、いつも買う銘柄とは違いますが、買ってみたら、なかなか美味しかったです。

とにかく蒸し暑い日で、汗をかきまくった一日でした。

« やっぱり草津温泉 | トップページ | 奥多摩のアゲハチョウ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは。
梅雨明け後、いつもならすっきりとした青い夏空が見えるのに
今年は激しい雷雨が多く、蒸し暑い日が続きますね。
以前、夏の奥多摩を登って、5リットルの汗をかいて以来、
夏の奥多摩の登山は止めています。
少し涼しくなったら、日原の巨樹を巡るのもいいかもしれませんね。
リブルさんのブログで山に行った気になっています。
獅子口屋の「わさび漬け」でおにぎりもいいかな。

たまびとさん、こんにちは。

本当は冷夏予想だったはずなのに、なんでこんな夏なんでしょうね。
東京の暑さは冷房や車の普及と人の多さが原因でもあるとは思いますけど。
台風の通り道でも、なぜか東京を外されているのは、
ヒートアイランド現象が影響しているのは間違いなさそうですね。

夏の奥多摩は以前だったら朝だけはひんやりでしたが、
最近はそうはいかないですね。
氷入り水筒を持っていきませんでしたが、後悔しました。

せめて朝晩だけでも、少しは涼しくなってくれないかな~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レンゲショウマを見に御岳山:

« やっぱり草津温泉 | トップページ | 奥多摩のアゲハチョウ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ