« 籠坂峠から鉄砲木の頭 | トップページ | やっぱり草津温泉 »

富士山麓 双子山

2日(土)は富士の山麓へ。

2014080201

先週に続いての御殿場入り。ちょっとバスの時間を間違えて記憶していて、1時間待ちになってしまいました。駅前のベンチからは商店街越しに富士が。列車からはきれいに見えていましたが、もう山頂には雲がかかり始めていました。

2014080202

御殿場口五合目で下車。鳥居をくぐって登山開始です。

2014080203

途中にはシモツケ。

2014080204

フジオトギリと思われるお花も咲いていました。

2014080205

以前、ガスの中で諦めた双子山を目指します。

2014080207

ザクザクの砂で登りにくい道を登って双子山分岐。まずは下塚(下双子山)を目指します。

2014080209

意外にあっけない登りで山頂。伊邪那岐命、伊邪那美命の石碑があります。

2014080208

山頂はもちろん雲の中。上塚(上双子山)が近いですね。

2014080210

暑さと湿気のせいか、かなり霞んでいましたが、河口湖や山中湖など広い眺めを見ることができました。

2014080211

一旦下り、上塚へ。かなり急な上に足元がすくわれる登りで、結構大変です。山頂の表示はなく、ケルンが二つほどあり、その根元には御料局三角点が埋まっていました。

2014080212

富士はやっぱり広大な山なんだなぁと思わせてくれます。

2014080213

こんな場所でもイタドリがたくさん。向こうに見えるのが下塚です。

2014080214

赤いものはメイゲツソウと言われるらしいです。

2014080215

三辻まで歩いたところで、左に折れて幕岩に向います。途中はきれいな森ですが、ちょっと蒸し暑くなります。

2014080216

小さなお花はサワギクでしょうか。

2014080217

幕岩は下の方の岩かと思ったら、そうではなくて、緑の生えた上の方を指すようです。

2014080218

樹林の中を下っていき、御胎内を目指します。このあたりを歩く人は少ないのか、人に会わなくなりました。シノザサが枯れていて、ちょっと丹沢みたいな雰囲気でした。

2014080219

御胎内は溶岩洞窟の一つだそうです。中に入ることができます。ヘッドランプはザックにあったのですが、そのまま持たずに入ったら中は暗く、木花咲耶姫の石像があるそうですがそれも見えず、ちょっと怖くなってあわてて先のハシゴを登って上に出ました。ライトは必須のようです。(^^;

2014080220

水ヶ塚公園まで歩き、御殿場行きのバスを待ちますが、まだ少し時間に余裕があったので、腰切塚に登って見ます。さすがに蒸し暑く、あまり富士も見えずで、別に登らなくても良かったようでした。

この日はガスにも巻かれず、暑かったものの、それでも猛暑の低山に比べれば涼を感じた歩きでした。

« 籠坂峠から鉄砲木の頭 | トップページ | やっぱり草津温泉 »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山麓 双子山:

« 籠坂峠から鉄砲木の頭 | トップページ | やっぱり草津温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ