« 富士塚へ | トップページ | ゆるゆると陣馬山 »

三頭山から笹尾根

21日は予想外の好天。ちょっとのんびりめの出発で、久しぶりに都民の森行きの急行バスに乗車。

2014092101

都民の森で下車しますが、思ったほどの涼しさではない感じ。20日が涼しすぎたのかな。

2014092102

まだ霞が多いけど、ちょっと秋空の雰囲気で、雲が高いのがいい感じ。

2014092103

このお花は見たことないなぁ。後で調べたらクサボタンというお花らしい。

2014092104

三頭大滝は滝見橋からは近すぎて、とても全景の写真は写せません。

2014092105

大沢山東尾根に取り付いて登ります。ちょっと取り付きに失敗したけど、上に行けば普通の尾根になりました。なかなかの木はブナかな?

2014092106

上部はなかなか良い雰囲気。

2014092108

登山道が曲がっている所に出れば、大沢山はすぐそこでした。前よりも随分木が育って、あんまり山頂らしくない場所になっていました。

2014092107

オクモミジハグマを見ると、もう秋ですね。少し色づいた木などもあるし、かなり涼しい感じで長袖が必要でした。

2014092109

三頭山(東峰)に着くと、久しぶりに富士!
今年は本当にきれいな青空が少なかったから、会えて嬉しかったです。

2014092110

久しぶりの槙寄山。ベンチなども置かれていて、昔と随分雰囲気が変わりましたね。

笹尾根に入るとランナーさんがたくさん。そういえばハセツネカップが近かったんですね。
ほとんどランナーさんに占拠された笹尾根という感じでした。

2014092111

数馬峠からの眺めもいいですね。

2014092112

笛吹峠の大日と書かれた石に会うのも久しぶり。

2014092113

せっかくなので丸山山頂も踏んでいきます。山頂の表示が変わりましたね。

2014092114

キバナアキギリはよく咲いていました。

2014092115

土俵岳の山頂もおひさしぶり。ここからの富士は木が育って無理でした。

2014092116

日原峠の石仏は風化が進んでいるよう。
大雪のせいもあるでしょうけど、ちょっと斜めっています。
いつまでもここにいて欲しいですね。

2014092117

シモバシラはよく見かけました。

2014092118

久しぶりの浅間峠。どうせ3時台のバスには間に合わないのでのんびり休憩。

2014092119

ヤマホトトギスもまだ咲いていました。

2014092120

まだレンゲショウマが咲き残っていたのにはびっくり。これは自生なのかな?

上川乗バス停でのんびり4時台のバスを待ちました。

« 富士塚へ | トップページ | ゆるゆると陣馬山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

21日は思いの外良い天気でしたね。
自分も山歩きするつもりはなかったのに遅出で本仁田山を歩いてきました。

シモバシラはお中日の万六尾根でもやたらに見かけましたけど、
この時期の笹尾根は多いのでしょうか。
トレランさんが増えてハセツネ近しですね。

 リブルさん、おはようございます。

 私も次の足慣らしは笹尾根でも…と思っていたのですが、
今はトレランさんが多いのですね。
あそこは静かな雰囲気のときしか歩いたことないもので、
のんびり考え事でもしながら歩くつもりでいました(笑)。

 行き帰りのバスは、どうでしたか?激混みというわけでは
ない?かもしれませんが、トレランの人たちがそれだけ
いらっしゃるということは、空いたバスというわけには
いかないでしょうね~。

 

リブルさん、こんにちは
都民の森ができてから三頭山周辺もすっかり人が多くなりましたね。
秋は「ハセツネ」の影響で奥多摩の尾根もトレランが多くて・・・・・
そうですか、あの静かな笹尾根もトレランの人達が占領ですか。 ん~
でも、野仏や石の道標はまだ健在のようですね。

21日は本当に良い天気で、私は「秩父三十四ヶ所札所巡り」をしています。
秩父盆地から武甲山を見上げながら歩く江戸の巡礼道は気持ちが良く、
今年は十二年に一度の総開帳の年なので11月までに残り12か所全てを回る予定です。

komadoさん、こんにちは。

あの日は本仁田山の方でしたか。
シモバシラ、そんなにすごい多いという訳ではありませんが、場所によってはそれなりに見ましたよ。
ランナーさん、ほんとに増えましたね。
しかもかなりのスピードで走っている人が多いです。
単なるスピード競技は、山じゃなくて他でやってくれないかなとちょっと思ったりします。

ゴン太さん、こんにちは。

もうすぐ大会なので試走している人が多いと思いますが、
大会が終わればだいぶ減るのではないでしょうか。
そうすれば登山道は登山者のものに帰ってくるでしょう。

行きは2台運行で、2台目で自分は座れました。
帰りは3台運行だったようですが、2台目を待ったら座れました。
(1台目は座席は埋まってましたが、立っている人はほとんどいなかった模様)

浅間峠からの下りでトレランさんのグループに抜かれましたが、
下に車が置いてあり、それに何人かで乗って帰るのを見ました。
なんてこともあるので、バスは激混みではなかったです。

ただ、大会が終わると人が少し減るので、1台運行になるから座れない、
なんてことも起きるかもしれませんね。

たまびとさん、こんにちは。

やはり都民の森から上がると、三頭山まで簡単に行けちゃいますね。
数馬からだとそれなりに登らなくていけないので、少しきつかったですから。

笹尾根の登山道もかなり付け替えられて、
尾根を外してあまりアップダウンのない道になっているところが多いです。
昔の道を知っている人ならば、こんな道じゃなかったはず、と思われることでしょう。

秩父札所めぐりですか。いくつかの寺院には行ったことがありますが、
全部回るとなるとなかなか大変ですね。
でも、気持ちの良い秋空の下でのウォーキングもいいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三頭山から笹尾根:

« 富士塚へ | トップページ | ゆるゆると陣馬山 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ