« 霧ヶ峰のヒョウモンチョウ | トップページ | 銀山平温泉 白銀の湯 »

黒川鶏冠山へ

6日(土)は久しぶりに黒川鶏冠山へ。

2014090701

前日は非常に蒸し暑く、とてもヤブ山などは辛そうな状況。
天気を見ながら、直前までどこの山へ行くか決めかねて、結局、そんなに遠出ではない塩山の山に行くことにしました。落合行のバスもいつまで運行してくれるか分からないので、早いうちに行ってみようと思い立ちました。
初めて落合で下車すると予想外の青空が広がっていました。

2014090703

鶏冠山の登山口。やはりそれほど歩かれていないようですね。

2014090704

それでも道はしっかりしています。苔の生えた道が良い感じ。

2014090705

淡々と樹林の中を登っていくと横手山峠への分岐。

2014090706

樹林の合間から見える山には雲が多く、どこの山か分からない状況。ひたすら歩くと見覚えのある鶏冠山の分岐に着きました。

2014090707

ちょっぴり岩場の道などを歩くと鶏冠山の山頂。

2014090708

まあこの時期ですから、あまり期待はしていませんでしたが、水蒸気も多く、あまり遠望はできませんでした。

2014090720

分岐に戻って先へ行き、見晴台に向かい、右手に登ると黒川山の三角点。樹林の中にある静かな山頂です。

2014090709

見晴台に行ってみると、それでも、藤尾山や石保戸山、笠取山などを見ることができました。

2014090710

そのうちに曇ってしまいます。六本木峠で一休み。右の柳沢峠への道を見て左(写真正面)の道を丸川峠に向います。

2014090711

さすがにお昼過ぎでは会う人もなく静かな道。今年は湿気が多かったせいか、苔も生き生きとした感じでした。

2014090713

寺尾峠付近も以前と変わりない感じです。

2014090714

丸川荘も以前と同様のたたずまい。泊まってみたいと思いつつ、ずっとそのままです。

2014090715

コウリンカの残り花がごくわずかにありました。

2014090716

久しぶりの丸川峠から裂石への道は随分きついこと。登ったことしかありませんでしたし、もう随分前の事だったので、こんな道だったことを覚えていませんでした。

2014090717

そういえば雲峰寺には立ち寄ったことがなかったなと行ってみました。境内には大きなエドヒガン。根回りは5.3mあり、700年前に植えられたそうな。

2014090718

久しぶりに大菩薩峠登山口へ下りました。

2014090719

塩山温泉入口でバスを下車して、いつもの宏池荘で入浴。建物に付いていた看板がなくなっていたので、もしかして入浴できないかと思いましたが、聞いてみたら、まだ営業していました。この日は人も比較的少なく、のんびり入浴できました。

« 霧ヶ峰のヒョウモンチョウ | トップページ | 銀山平温泉 白銀の湯 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

塩山から落合行きのバスはまだありましたか。
黒川鶏冠山とはリブルさんらしい登山ですね。
多摩川源流地帯は私も好きな場所で、特に柳沢峠から
笠取山、多摩川の源流点「水干」、将監峠がいいですね。
昔ながらの将監峠小屋の薪ストーブの煙と石油ランプが
懐かしいです。
あの辺の山小屋はあまり変わっていないのでしょうか。

たまびとさん、こんにちは。

3年ほど前に路線延長された落合行きのバスは、
柳沢峠へ行くのに何度か乗りましたが、
お花の時期を除けばそんなに人は乗っていないように見えます。
最近、塩山付近のバスは路線縮小が続くので、ちょっと危ういですね。

笠取山や将監峠は自分もご無沙汰状態ですので、どうなっていることやら。
飛竜山や和名倉山などへ行ったのが懐かしいです。
いずれもテントで小屋には泊まってませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒川鶏冠山へ:

« 霧ヶ峰のヒョウモンチョウ | トップページ | 銀山平温泉 白銀の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ