« 軽井沢のキアゲハ | トップページ | 上諏訪温泉 片倉館2014 »

霧ヶ峰へ

31日(日)は久しぶりに霧ヶ峰へ。

2014083101

西白樺湖バス停で下車して、数分歩くと大門峠。車の通行が多い交差点ですが、武田信玄の軍もなんども通っていった由緒ある峠。
そんな峠には雑草に埋もれるようにほとんど彫りも消えかけた古い石仏が置かれていたのが、印象的でした。

2014083102

今の大門峠はこんな感じです。

2014083103

中央分水嶺トレイルに従って歩きます。

2014083104

1540m圏のピークを越え、向こうに見えるのは1550m圏のピーク。空がどんよりなのが残念な所。

2014083105

1550m圏のピークからは白樺湖を見下ろすことができました。

2014083106

1641mまで来ると向こうにはスキー場が広がります。その先、トレイルはススキで歩きにくくなったので、左に向う別な踏み跡に入ると、白樺湖からの登山道に出ることができました。

2014083107

スキー場の中を通って蝶々深山への道に入り、車山乗越から右に曲がって1832mを過ぎ、山彦谷南の耳を目指します。途中からは何もない広い眺め。この広さがいいんですよね。

2014083108

途中、車山付近はガスっていましたが、だんだん天気が少し良い方に向かい、山彦谷南の耳からは車山(右奥)も見ることができました。

2014083109

左奥には八島湿原も見ることができます。

2014083110

ゼブラ山は男女倉山の名前もあります。中央分水嶺トレイルはそちらを採用しているようですね。

2014083111

向こうに見える山は三峰山あたりでしょうか。なかなか堂々とした山ですね。

2014083112

八島湿原に出て、せっかくなので回っていくことにします。さきほど歩いた山々を見ることができます。

2014083113

予定のバスに間に合わせるためにちょっと早足になり、御射山ヒュッテを過ぎて強清水へ向います。古い道標がありますが、最近はあまり歩かれていないようで、草がかぶりつつある道でした。

2014083114

霧ヶ峰バス停からも乗れましたが、まだ少し時間があったので、懐かしい強清水バス停まで歩きました。

« 軽井沢のキアゲハ | トップページ | 上諏訪温泉 片倉館2014 »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

リブルさんこんにちは。
山彦谷がエコーバレーと言う名のスキー場に変わった当時、
何度かスパイクタイヤを装着して雪の大門峠を越えました。
大門峠にもこんな石仏がまだ残っているんですね。
ずっと昔から、霧ヶ峰をゆっくりと歩いて男女倉の由来となった
「男岩」と「女岩」をこの目で見たいと思っているのですが未だ果たせずにいます。
諏訪の考古学者藤森栄一氏の様に、縄文人が崇拝していたのだろうと考えているのです。
氏の著作「古道」の中に白樺湖が以前は八島湿原のようなところだったとありました。

たまびとさん、こんにちは。

大門峠にはスキーでよく行かれたのですね。
車がよく走るすぐ横に石仏は置かれていて、残っている事自体が奇跡なのかもしれません。

男女倉山、そういえば、何かの本で由来について読んだ気がします。
探索してみるのも楽しいかもしれませんね。

リブルさん こんばんは
霧ヶ峰に行かれたのですね。
ここは広々としていて、気持ちよく歩けますね。
八島湿原以外にもお花があると もっといいのですが。
私も次は男女倉山を歩きたいと思います。
「男岩」と「女岩」があるのですね。

はなねこさん、こんにちは。

若い頃から霧ヶ峰は何度歩いた事でしょう。
いつも自分が行くのは晩夏の季節でマツムシソウが主役です。
昔はニッコウキスゲが素晴らしかったのですが、今はほとんどシカさんに食べられてしまったようです。
数年ぶりにいきましたけど、雑草でさえ、減っているようですので、食害はかなりのものですね。
ちなみにシカ避けの中はそれなりに咲いていました。

ちなみに男女倉山(ゼブラ山)の男岩と女岩は
一般コースから外れないと見られないみたいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧ヶ峰へ:

« 軽井沢のキアゲハ | トップページ | 上諏訪温泉 片倉館2014 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ