« ゆるゆると陣馬山 | トップページ | 狭山三十三観音(一番から十六番) その1 »

砥山から源次郎岳

アップが遅れまくりですが、27日(土)は大菩薩へ。

2014092701

塩山から二本木経由のバスに乗り、大久保平で下車します。こんな所で降りるのはもちろんただ一人。

2014092702

二又から左の林道に入ります。

2014092703

適当に取りつき、ひいこら言いながら踏み跡もないところを登った後、踏み跡を辿り、再び林道に出て、巡視路を登ると鉄塔に出ました。

2014092704

砥山西尾根を登っていくと、南アルプスの眺め。形のよい山は甲斐駒ケ岳でしょうかね。

2014092705

林道跡みたいなところに出て、先へ進むと砥山峠と思われるところに出ました。

2014092706

明瞭な踏み跡を辿り、一旦、巻いて上日川峠近くの駐車場まで出てから再び戻り、砥山に向いました。怪しい踏み跡を辿るとようやく砥山の山頂で三角点がありました。

2014092707

先へ進み、左手に林道を見ながら進みます。一度林道に出て、中日川峠から先へ入るとカラマツの林が良い感じ。

2014092708

踏み跡から外れ、1627.1mを巻かずに途中で右に入って行ってみたら何か足元にぶつかるものが。石かと思ったら、なんと三角点!

2014092709

こんな場所にあるんですよ!って、この写真じゃ三角点は見えないですね。
びっくりの三等三角点でした。

2014092710

下日川峠からは源次郎岳に向けた道標があります。

2014092712

向かう道の途中にはなかなかのブナの木。

2014092713

分岐から源次郎岳に向います。

2014092714

どんどん下って、少し登り返すと源次郎岳。山頂は中途半端な伐採で荒涼とした雰囲気。これだけ伐採されているのに、先の方は伐採されておらず、眺めもほとんど邪魔されていて、変な山頂でした。

2014092716

源次郎岳登山口と書かれた林道に降り立ちます。

2014092717

林道を先へ進むと富士の眺めはやっぱりいいものでした。

2014092719

かくれっ窪(甲陽東山妙見尊)にも行ってみました。途中、林道横の斜面が崩壊していて、大きな岩がごろごろ。崩れてから時間が経っているので、多少安定はしているようですが、それでも通過はひやひやものでした。

2014092721

さきほどの源次郎岳登山口へ戻り、嵯峨塩館への道を下りましたが、途中で左に曲がらなくてはいけないのを気が付かず、右に下って畑などの道に出てしまいました。面倒なので戻らず、そのまま下ると嵯峨塩館の下に出ました。
登り返す気にはなれず、そのまま下っていたらバスが来たので乗車。やまと天目山温泉で久しぶりに一浴します。3時間\510とほとんど料金が変わっていなかったのは登山者には嬉しいですね。いつもながらの良いお湯。再びバスで甲斐大和駅に出ました。

« ゆるゆると陣馬山 | トップページ | 狭山三十三観音(一番から十六番) その1 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんは~。

昨秋一部ですが歩いたところなので、思い出しながら読みました。
砥山にしろ、1627.1にしろ、この稜線の三角点峰は、「これかい?」
ってなかんじの場所ですよね。

そうそう、1627.1は草の中に埋もれる感じ…。あそこはコースから
外れているし、気をつけていないと、うっかりスルーしてしまう。


で、源次郎のあの姿。。。そうなんですよ、あれで大展望でも広がって
いればまだわかるんですけど、伐採してただ殺風景になっただけ、
というのが釈然としないですよね。
展望狙いでやってみたけど、失敗しちゃったということなんですかね、
だとしたらもったいないことを、ホントに…。

嵯峨塩への径の最後は、私も最初は畑の方に行きそうになりました。
注意していれば、左手にマーキングもあって、わかるんですけど、
皆間違えるようで、年々畑の方へ行く踏み跡が濃くなっています。

ゴン太さん、こんにちは。

あの三角点はびっくりですね。
たまたま足元にぶつかったから分かりましたが、
そうでなかったら、そのまま通り過ぎていたかもしれません。

源次郎岳の山頂の伐採は普通の伐採となんとなく違う印象を受けました。
木を得ることが目的だったのか、展望狙いだったのか、よく分かりませんね。
どうも不自然で、釈然としないものを感じますね。

ゴン太さんも最初は間違えそうになったのですか。
下に降りてから地図を見たらしっかり注意書きがあったことに気づきました。
やはり地図はしっかり見ましょうということでしょうか。(^^;

リブルさん こんにちわ

思い出しました
わたしは、1627.1 三角点 探したのに見つけられなかったんでした・

かくれっくぼ のこと、ありがとうございました

あの林道崩壊地は とても越える気にはなりませんでいた。
あの先に妙見尊があると知っていても行かなかったと思います。

ba_sobuさん、こんにちは。

三角点はホントにたまたま足元にぶつかったので分かったのですが、
あれは見つけるのはなかなか難しいですね。

ba_sobuさんのblogの写真を見ると、かなりひどい状況だったようですね。
これは推測ですが、その後、多少片付けられた後に、
さらにまた崩壊したのではないかという感じでした。
なので、あまり土などはなく、岩ごろ状態だったのです。
テープも付けられ、なんとなく歩けそうだったので通ってみました。
すぐに崩れてくるような雰囲気はなかったですけど、
やはり自己責任での通行になりますし、リスクを考えると普通は行かないでしょうね。

リブルさん、

砥山西尾根、先週下ったので源次郎はこちらまわりだったのかと驚きました。
砥山周辺クモの巣多くなかったですか?

先週は多すぎて閉口しまくりでした(笑)

komadoさん、こんにちは。

砥山西尾根、下られたのですね。
自分はほとんど蜘蛛の巣にはやられなかったですよ。
と言っても、下部は登山道ではなく、途中までは林道歩きでしたけど。

このところ、蒸し暑さが続くせいか、蜘蛛の巣が多いですね。
今日ひっかかったのは、あの嫌なBigな蜘蛛のいる蜘蛛の巣で、久しぶりに「ギャー!」って感じでした。(^^;;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砥山から源次郎岳:

« ゆるゆると陣馬山 | トップページ | 狭山三十三観音(一番から十六番) その1 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ