« 花咲山で迷走 | トップページ | 水松山から天祖山へ 1 »

ついでの一山 イタドリ沢ノ頭

花咲山を随分早く下山してしまったので、ついでにもう一山登ることに。
中央線で移動し、藤野駅で下車します。

2014101111

さすがに11時30分では和田行きのバスは運転されておらず、諦めて歩くことに。

2014101112

竹ノ沢右岸尾根を登ってみます。ちょっと天気が悪くなったようです。えぐれた真ん中の踏み跡を進むところがあります。

2014101113

踏み跡を離れ、直登の急登をこなして登りますが、途中まで登って右にトラバースする作業道が上がっていました。

2014101114

水源の森林の杭をよく見かけました。この山あたりが「ヤラシ」と呼ばれる場所だと思いますが定かではありません。

2014101115

急登を登ります。踏み跡があり、ときどき作業道と合わさったりします。昔はこのあたりに入る人が多かったのでしょうね。

2014101123

イタドリ沢ノ頭にはベンチと三角点。しかし、この眺めのない山頂だけど、二等三角点なんですね。でも、二等って意外に少ないから、珍しい感じ。誰もこないと思っていたら、人が来てびっくり。

2014101117

矢の音を目指しますが、途中は少し分かりにくいかも。手製の道標の分岐はまだしも、その先で左に曲がるところは自分は磁石を見て確認しましたよ。右から来た道と合流すれば、よい登山道となります。

2014101118

どんどん歩いていきますが、樹林の中であまり面白みのない道。矢の音分岐からは直進で矢の音に向います。(写真には写ってないけど、左に道標があります。)

2014101119

久しぶりの矢の音。大きな切り株に座って休みました。

2014101120

下山は一般道で与瀬神社に向います。途中にはサラシナショウマがよく咲いている所がありました。先へ進むと結構な急降下。じぐざぐの道はなかなかきついです。

2014101121

これまた久しぶりの与瀬神社。石段が急です。

2014101122

高速道路の上はうるさいですが、向こうに石老山がよく見えました。

相模湖駅まで歩きました。

« 花咲山で迷走 | トップページ | 水松山から天祖山へ 1 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついでの一山 イタドリ沢ノ頭:

« 花咲山で迷走 | トップページ | 水松山から天祖山へ 1 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ