« 毛無山から十二ヶ岳、鬼ヶ岳その2 | トップページ | ついでの一山 イタドリ沢ノ頭 »

花咲山で迷走

せっかくの三連休なのに台風とはこれいかに。
ということで、11日(土)は大月の藪山へ。

2014101101

大月駅から朝一番のバスに乗り、上真木で下車します。

2014101102

しばらく車道を歩いてから取り付き、笹薮をこなしながら前沢山に着きますが、ここも笹薮の冴えない山頂でした。

2014101103

磁石を確認しながら進み、ちょっとした岩のある尾根を通って花咲山へ急登。登りついて左に進むとひっそりとした花咲山の山頂に着きました。

2014101105

花咲峠には柔和なお顔の石仏が。でもちょっと倒れて木によりかかっていました。

2014101104

花咲峠は古い峠道が左右に通っています。日本山岳案内3には橋倉鉱泉から花咲への道について書かれていました。もちろん今は歩く人などいないでしょう。特に花咲側は藪のようです。もし降りたとしても高速道路で寸断されているでしょうね。

2014101106

いくつか小ピークを過ぎると四等三角点がありました。

2014101107

大月駅への道標があります。ここで右後方へ踏み跡が分岐します。この先へ進んで、後で分かったのですが、東北への尾根に引き込まれてしまいました。藪尾根を右往左往して、結局出たのは、浅利公民館のずっと左でした。

2014101109

まあ、それでもなんとか無事に大月駅に到着。まだ10時40分でした。
失敗は成功のもと、と思いたい気分でした。(^^;

« 毛無山から十二ヶ岳、鬼ヶ岳その2 | トップページ | ついでの一山 イタドリ沢ノ頭 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花咲山で迷走:

« 毛無山から十二ヶ岳、鬼ヶ岳その2 | トップページ | ついでの一山 イタドリ沢ノ頭 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ