« ついでの一山 イタドリ沢ノ頭 | トップページ | 水松山から天祖山へ 2 »

水松山から天祖山へ 1

18日(土)は奥多摩へ。

2014101801

久しぶりの一番バスで東日原の歩き出し。10月半ばでこんなに朝が冷え込んだのは久しぶり。バスは数人しか乗ってませんでした。ちょっと寒くなったせいか、三連休の次の週だからなのか、それとも、火山の問題が影響しているのか、はたまたエボラ出血熱のニュースのせいかな?

まだ稲村岩あたりの紅葉はこれからという感じですね。

2014101802

長い林道歩きはなかなか大変。なぜかフジアザミがたくさん。生育環境にマッチしているんでしょうね。

2014101803

御供所の高巻き道は結構危険な感じ。モノレール起動を過ぎるとよい踏み跡があり、上に登ったら、逆方向の表示が。ちょっとこの先、どこへ行くのか興味がありましたが、先は長いので下りました。

2014101804

水松谷の木橋、ここは先が落ちてなくなってました。ジャーンプ!!!
でなんとかなりました。

2014101805

その先は道を探して行ったり来たり。右往左往しましたが、なんとか踏み跡を見つけて水松山中尾根(南東尾根)に上がることができました。

2014101806

なかなかの大木。

2014101807

紅葉はまばらではありますが、中にはまずまずの色合いの木もあります。しかし、尾根の登りはきついこと。

2014101808

右手の三角山は酉谷山あたりでしょうか?雲が多くなって今日はだめみたいです。

2014101809

ようやく縦走路にたどり着き、その先の水松山に登ってみます。この付近の紅葉がちょうどいい頃合。

2014101810

派手な赤はありませんが、オレンジなどしっとりした色合いもいいものです。

2014101811

山頂手前からみる自然林の紅葉は思わずうっとり。しばらく見惚れてしまいました。やはり林相がこのあたりきれいですね。

2014101812

初めて来た山頂。三等三角点がありました。秩父側は晴れている模様。なんかこの日は、この付近だけ雲が多かったみたいです。

2へ続く。

« ついでの一山 イタドリ沢ノ頭 | トップページ | 水松山から天祖山へ 2 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは
ジャーンプ!!!  は、あまり若くない一般女性でも大丈夫そうですか (^^;
って、答えにくい質問ですね。すみません。
もっとも、そこがOKでも、私には難しいコースかもしれませんが
何だか気になりました。
天祖山の紅葉も一度見て見たいです。

はなねこさん、こんにちは。

このコースはいわゆるバリエーションコースになります。
はなねこさんの登山レベルが分かりませんが、橋はともかく、
ルートファィンディングも必要ですので、この手の歩きをしている人でないと無理です。
ガイドさんなどがいれば別ですが。

天祖山は一般登山道ですから、往復や水松山などへ抜けるコースは問題ありません。
ただし、いずれも長丁場になります。今は小川谷林道が通行止めなので、酉谷への周回コースはできません。
雲取山や一杯水へ行くのは、一泊になるでしょうし、天祖山を越えて長沢背稜を一日で雲取山まで行くのは健脚コースになると思います。
車で登山口まで乗り付けて、早朝から歩き出せば、水松山往復もできなくはないと思いますけど、
一般的には天祖山往復で十分楽しめるでしょう。バス利用ならなおさらです。

天祖山は今までに行かれたことがありますか?
往復でも、それなりにきつい山ですし、下部の細いの急な道は崖から転落する死亡事故も発生しています。
特に下りは危険です。自分も十分注意して下りました。
下り道もちょっと分かりにくくなっている所があります。テープに注意して下る必要があります。

まだこの日は天祖山付近はこれからという感じでした。
天祖山は、そんなに人の入る山ではありませんし、比較的静かな山を満喫できると思います。
白毛門に登られているのであれば、往復は問題ないでしょうね。早朝出発は原則ですが。

リブルさん こんばんは
丁寧なお返事、ありがとうございました。
水松山のあたりは気になっていたので
自分の力量も考えずに、無謀な質問をしてしまいました。
いつか行けたらいいなぁと思います。もちろん一般ルートで。
レポの続き、楽しみにしていますね。

奥多摩の奥座敷、日原川周辺は奥多摩でも比較的、人も少ないうえ、
天然林も多く、その中にあまり知られていない巨木があって好きな山域です。
水松山へは、雲取から長沢背稜をソバツブを経由し、高水三山まで、
途中、酉谷山の避難小屋で一泊して縦走した時に寄りました。
もう、約40年も前のことですけれど、今でも初冬の山行をよく覚えています。
今ではとても無理なコースです。
その後も、ソバツブへは何度か行きましたが、最近は登山者も多いようですね。


はなねこさん、こんにちは。

小川谷林道が通行止めでなかったら、もう少し行きやすいのですけどね。
雲取山に一泊し、早朝に出発すれば、天祖山から下りで歩けると思います。
酉谷から降りられないのはホントに痛いところ。早く通行できるといいんですが。

長沢背稜はシャクナゲが咲く頃もいいですよ。
自分が長沢背稜を歩いたのはその頃です。
まだレポを書いていない時期なので、古い写真がアルバムに残っているだけです。
桂谷ノ頭あたりはシャクナゲの思い出しかありません。(^^;

たまびとさん、こんにちは。

日原はやはり巨樹が多いですね。
若い頃は歩くことに夢中で、いかにロングコースを歩くかということばかり考えていて、
まったく木や花には注意が向きませんでした。
今となっては残念です。

昔ならば縦走路にはシノザサがかなりあったでしょうね。
自分が歩いた時でさえ当時は結構ありましたから。
雲取山から高水三山までとは、これは長い。
40年前の酉谷避難小屋ということは、古い小屋に泊まられたのですね。
自分が歩き始めた20年ほど前は、すでに酉谷に避難小屋はなく、わずかな平地になってました。
今の小屋が建てられたのは平成になってからですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水松山から天祖山へ 1:

« ついでの一山 イタドリ沢ノ頭 | トップページ | 水松山から天祖山へ 2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ