« スカリ山へ | トップページ | トクモリから笹子雁ヶ腹摺山へ »

タワ尾根へ

3日(月:祝)はタワ尾根へ。

2014110301

この日は二番バスで日原へ。さすがに一台では乗り切らなかったようです。やはりかなり色づいていますね。

2014110302

小川谷橋あたりから見る奥の山の色合いがいい感じでした。

2014110303

孫惣谷林道に入ると以前、オロセ尾根を登ったときと同じ木がやはり良い色合いでした。

2014110304

さらに登ると素晴らしい鮮烈な色合い。目でみるともっと上の方は赤く見えましたが、写真で撮るとオレンジですね。

2014110306

オロセ尾根の取り付きから登っていくと、黄葉がなかなかの木がありました。

2014110307

もう何度も見た東京都水源管理事務所のプレート。

2014110309

巡視路を歩いていきます。今年は落葉が早いようで、残り紅葉っぽくなっていました。

2014110310

青空だと下から見上げるのも悪くないですね。

2014110311

焼小屋尾根に取り付きます。最初はひどく急峻でひたすら上部を目指しました。ようやくひと段落すると尾根らしくなりました。

2014110312

人がいたので、同じく焼小屋尾根を登った人だと思っていましたが、あっけなくタワ尾根に出ていたようで、篶坂ノ丸から来た人でした。

2014110313

久しぶりのウトウの頭。

2014110314

のんびり下っていきます。篶坂ノ丸も完全に落葉。

2014110315

下にいけば、紅葉ポイントが増えます。やはり今年はオレンジが主体の様子。

2014110317

金袋山を過ぎたあたりからさらによくなりますが、残念ながらどんよりとした雲に覆われてしまいました。でも、こんな色合いもまたいい感じ。

2014110318

久しぶりのミズナラの巨樹。もう枝が折れて随分経ちますけど、まだまだ傷は癒えないようです。

別blogになっていますが、大きな写真は、こちら→ 巨樹と滝の風 でお楽しみください。

2014110319

久しぶりに一石山からの下り。写真は下を写したもの。これは写真を斜めに撮ったのではなくて、本当にかなりの斜度がある下りなんですよ。足を滑らせたら危険です。

2014110320

東日原バス停に下りましたが、ちょうど13時台のバスが行ってしまった直後。1時間20分待ちなので、仕方なく歩き始めたら、なんとなく途中で待つのもくやしくて、結局、奥多摩駅まで歩いてしまいました。バスが駅に到着する前に着くことができました。

 

« スカリ山へ | トップページ | トクモリから笹子雁ヶ腹摺山へ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

見事な紅葉で数日前の雄たけび(?)が良くわかります。

奥多摩駅まで歩いた下りがりブルさんらしいですね。

のぞむさん、こんにちは。

全体で見ると以前のような紅葉ではないんでしょうけど、
点で見れば、やっぱりよい紅葉でした。
ここ何年かは自分は鮮烈な色合いには会えなかっただけに、
今年の紅葉はオレンジ主体でしたけど、十分にきれいだったような気がします。
前にタワ尾根に入った時の真紅な色合いは望めなかったですけど。 

奥多摩駅まで歩いたのは、ちょっとバス代をケチろうという考えもあったんですけどね。
久しぶりに帰りに買った純米酒に消えました。(^^;

こんばんは〜
この週は悩んだんですよ、タワ尾根か滝子か。
タワ尾根もやはり美しいですね。
東日原から歩かれたなんて!さすがリブルさん!すごーい(^^)

cyu2さん、こんにちは。

ありゃ、悩んだらタワ尾根でしょう。(笑)
自分は何度もこの連休にタワ尾根に入りましたが、年によりますけど、やっぱりいい時だと思いますよ。

オロセ尾根から登れば、最近は随分踏み跡も濃くなりましたし、そんなに難しくはないと思います。
ぜひ機会があれば、行かれてみてください。
ただ、下山路はちょっと道が怪しかったりしますから、十分に気をつけてくださいね。
おしかけ隊で、奥多摩の主さんに教えを請うというのもありかもしれません。(^^;;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タワ尾根へ:

« スカリ山へ | トップページ | トクモリから笹子雁ヶ腹摺山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ