« タワ尾根へ | トップページ | のんびり百蔵山へ »

トクモリから笹子雁ヶ腹摺山へ

8日(土)は笹子へ。

2014110801

笹子駅から甲州街道を歩けば30分弱の距離なんですけど、結構通行量が多いので、今回はバスに乗ってみました。笹子駅8:58着の電車に乗って、ちょっと急ぎ足で笹子駅前のバス停に行けば、新田行9:02発のバスに間に合いました。新田まで乗ってもよかったのですが、公民館前バス停で下車しました。

2014110802

しばらく歩いて笹子トンネルに向います。なんか峠道っぽくて眺めはいいです。しかも予想外の青空!

2014110803

トクモリ南尾根に取り付きました。下部はだいぶ作業道が入り乱れていて、ちょっと右往左往しましたが、なんとか上に行き、鉄塔をすぎれば、細い尾根となりました。きつい登りのあと、少し緩やかなところに。

2014110804

このあたりの紅葉は茶色っぽくなっている木が多く、あまり良くなかったのではないかと思います。オレンジのこの木でもましな方でした。

2014110805

ひたすら上に向うきつい登りが続きます。上の方は落葉していて落ち葉が溜まっているせいか、踏み跡はほとんど分からなくなっていました。

2014110806

ようやくトクモリの陽だまりの山頂。写真正面は縦走路のはずなんですけど、踏み跡にしか見えませんね。

2014110807

午後に近くなるとすっかり曇ってしまいます。米沢山に誰もいないのは珍しい。

2014110808

途中には返り咲きのミツバツツジ。

2014110809

笹子雁ヶ腹摺山に向うとさすがに二組ほど会いましたが、この日山で会ったのはそれだけでした。天気予報が悪い予報だったから、そんなに歩く人はいなかったみたいです。
途中の小さなピークで振り返ると米沢山などがよく見えました。

2014110810

久しぶりの笹子雁ヶ腹摺山。ちょこっと日差しが戻りました。やはり眺めはぼんやりで、わずかに南アルプスと思われる山がほんの少し見えた程度で、後は近くの山が見えただけ。富士も見えませんでした。

2014110811

久しぶりに新田への登山道を下ります。随分昔に登ったことがありますが、きつい登りだった記憶がありましたが、やっぱり下りもきつかったです。

2014110812

鉄塔のところから折り返すような感じで樹林の中を下ると道路に出ました。

2014110813

さすがに新田からのバスには間に合わず、甲州街道を歩いて、やっぱり笹一酒造の新酒祭り。さすがに今年は抽選は外れました。ちょっと飲みすぎて、帰りの中央線は爆睡でした。(^^;

« タワ尾根へ | トップページ | のんびり百蔵山へ »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

やっぱり行かれてましたか!
自分は来週にするつもりだったんですけど、山梨の天気が意外に良さそうなので超遅出で歩いてきました。

ということで笹一に着いたのは祭りのあと(17:00)。でもモトを取るほど飲めないので買えればOKです(笑)。

komadoさん、こんにちは。

もちろん笹一でした。
今週の天気予報は当たったような外れたような。
気象庁の天気予報はくもり一時雨の予報でしたが、雨確率は午後6時まで30%ぐらいでしたから、
きっと降りるまで大丈夫かなと思ってました。

komadoさんも行かれていましたか。でも、随分遅い時間だったのですね。
自分はたっぷり元は取ったと思います。(笑)

去年は確か強化プラスチックのワイン用みたいなグラスでしたが、
今年はしっかり笹一の名前の入った小さめの日本酒用グラスで、
自分で買うとそこそこお値段はするんじゃないかと思うような感じでしたから、お得でした。
でも、抽選のはずれが焼酎から水に変わってました。(苦笑)

この週は予定があったので笹一新酒祭りには行けず、一週早めて滝子に行ったのでした。
この週に行ってたらお会いできたのにね、残念です。
一度は行ってみたいなぁ~今週もやっているらしいですけどね( ̄▽ ̄)
やっぱり混んでましたか?

cyu2さん、こんにちは。

先週は箱根に行かれていたのですね。
今年はずいぶん混んでいましたよ。
でも、抽選会が終わった頃からだんだん寒くなりました。

今週は骨董市なので盛り上がりには欠けますが、
日本酒の試飲や抽選会はやっているみたいなので、あちらの山の帰りに立ち寄るのもいいかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トクモリから笹子雁ヶ腹摺山へ:

« タワ尾根へ | トップページ | のんびり百蔵山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ