« トクモリから笹子雁ヶ腹摺山へ | トップページ | 釜ノ沢五峰へ »

のんびり百蔵山へ

15日(土)は百蔵山へ。

2014111501

体調が今ひとつだったので、のんびり出発。手軽な百蔵山に向うことにしました。
猿橋から歩き出すと、とってもいいお天気。バスに乗りたかったのですが、歩き出しが9時30分頃だったので無理でした。

2014111502

日露戦没記念碑を見て登り始めます。

2014111503

忠魂碑があり、じぐざぐに登ると当時の戦没者の墓石がたくさん立っていました。その先へ進むと非常に登りにくいところを通って岩稜を進むと大洞岩に着きました。

2014111504

富士も良い眺め。ちょっと風があるのか雲がたなびいていました。

2014111505

あまり高くはないので、町並みも一望できました。

2014111506

なんとか踏み跡を辿って下っていきます。写真は途中の藪道。

2014111507

道路に出て、鉄塔を見てから再び取り付きますが、植林の中に入ったところまでは良かったのですが、その先は作業道跡みたいなものを辿ります。尾根を登るというよりは、だいぶ左に外して登ったりするようで、ホントに正しい尾根だったのか自身はありませんが、やがて右に戻るように登ると尾根らしくなります。リンドウがまだ残っていました。

2014111508

907m近くなるとなんとなく見覚えがあるようなないような。

2014111513

久しぶりの907m(大同山)。ここからは登山道です。

2014111509

百蔵山に着くと、ちょっと雲がかかって寒くなりました。
富士はしっかり見えました。やはり登山者もそれなりに休んでいました。

2014111510

カラマツの黄色がきれいでした。

2014111511

ごく普通に百蔵浄水場への登山道を下ります。途中のベンチのあるところからの眺めもいい感じ。真ん中少し左の遠くの山は大室山あたりかなぁ。

2014111512

猿橋駅まで歩きました。

« トクモリから笹子雁ヶ腹摺山へ | トップページ | 釜ノ沢五峰へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

百蔵山はもう十数回歩いていますが、このルートは知りません。さすが(?)りブルさん、色々なルートをご存知ですね。

のぞむさん、こんにちは。

こんなルートは一般登山道ではありませんから、知らなくて当然ですよ。
今週は良い天気でしたから、短いけれど楽しい歩きでした。
山頂でカップラーメンを食べている人が多くて、自分もたまには持っていこうかなと思ったりもしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のんびり百蔵山へ:

« トクモリから笹子雁ヶ腹摺山へ | トップページ | 釜ノ沢五峰へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ