« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

間野富士山、大仁田山

28日(日)は奥武蔵へ出かけました。

2014122801

飯能駅から間野黒指行きのバスに初めて乗りました。弁天前で下車します。

2014122802

わずかに先へ進むと鳥居があり、富士浅間神社があります。散ってしまっているけど、正面の木は大イチョウの木らしいです。

2014122803

しばらく登ると嫗ヶ岳の表示がある場所に着きます。古くは女人禁制の山でここまでで下山したという場所のようです。

2014122804

タブの木を見に行きます。樹齢700年、目通り5.5mという大きな木です。

2014122805

少しじぐざぐに登れば、間野富士山。木祠があります。

2014122806

大仁田山に向います。途中には埼玉森林公社の看板があります。

2014122807

やがて変電所の専用道路に出ます。

2014122808

変電所のフェンス沿いを通り、登って下ると原市場への道が分岐しました。

2014122809

鉄塔巡視路を辿っていくと、懐かしい四十八曲への道が分岐します。以前にはこれを下ったことがありました。

2014122810

歩きやすい道を辿っていくと、愛宕山。わずかに眺めのある山頂です。

2014122811

以前は新しかったいぼとり地蔵もだいぶ年季が入りました。

2014122812

大仁田山へ向うと広い明るい所に出ます。以前は畑が一面に広がっていた場所ですが、今は少なくなり、代わりにススキが広がっていました。

2014122813

あまりピークと思えない山王山を過ぎて山王神社と思われる小さな木祠を見ます。

2014122814

小沢峠への分岐から右に入ると、わずかな歩きで大仁田山の山頂。

2014122815

山頂からは歩いてきた変電所の鉄塔もよく見えました。

2014122817

下りは上赤沢へ。橋のたもとに下りれば、もうバス停はすぐそこ。
年末のせいか、誰一人会わない静かな山歩きとなりました。

今年はこれでおしまい。
皆様、どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

この日のレポはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士を見に高川山

27日(土)は富士を見に高川山へ。

2014122701

初狩駅を7時30分に歩き出しますが、寒いこと!マイナスの気温はかなりきついです。

2014122702

車道を随分歩いてようやく大幡峠手前の取り付き。

2014122703

ちょっと変な所を登ってしまいましたが、なんとか道にたどり着きます。

2014122704

ちょっと前に刈り払いされたらしく、藪もなく快適な尾根。

2014122705

途中、右手にゴルフ場が見えましたが、それほど近づくこともなく、先へ。鞍部を過ぎてさらに進み、729mからの尾根が合流すると、折り返すように踏み跡がありました。

2014122706

さらに進むと明るいところに出ます。

2014122707

そこが近ヶ坂峠。付近を捜したのですが、残念ながら探し方が悪く、石仏は見当たらず。
またの機会に探すことにしましょう。

2014122708

枝越しには見えていましたが、途中からは素晴らしい富士!

2014122709

カンバ沢ノ頭に登りつけば、あともうちょっと。

2014122710

羽根子山には地元の山岳会と思われる看板が立っていました。

2014122711

久しぶりの高川山。

2014122712

11時頃でしたので、さすがにもう少しモヤっぽいものがかかっていますが、それでも十分にきれいな富士でした。

2014122713

羽根子山に戻り、羽根子山南尾根へ。南東の尾根に入りそうになってしまいましたが、わずかに戻って南尾根へ。枝藪の尾根というより斜面の下りが続きます。

2014122714

ゴルフ場がちらりと見えると、道路の終点がでてきます。しかし、この先、笹の激藪。なんとか突破しましたが、一時はどうなることかと思いました。

2014122715

沢に下りそうになりましたが、ルートを探し、なんとか古い作業道に戻れました。落ち葉や枝が溜まる歩きにくい道が続きましたが、新しい堰堤を見ると、そこからは良い道となりました。

2014122716

正八幡神社に下れたので、無事に通れたことを感謝してお祈り。

2014122718

都留市駅前の踏み切りを渡ろうとすると一本電車が行ってしまいました。おかげで一時間待ちに。

2014122719

ホームの屋根は木造ですが、随分古く、倒れないように木で補強していました。
富士急線も最近はきれいになった駅が多いですが、まだここはローカル色豊かな駅でいい雰囲気でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

網代城山、雹留山

23日(火)は武蔵五日市へ。

2014122301

武蔵五日市駅が歩き出し。

2014122302

高尾神社からハイキングコースに入るはずでしたが、何を思ったか藪に取り付き、竹やぶの中を登って鉄塔に登りつきました。後で思い出すと、寺の右手にきちんとしたハイキングコースがあったはずなんですけどね。(^^;

2014122303

少し登ったあたりからはちょっとした眺めが。

2014122304

ハイキングコースに合流し、以前にも歩いた道に出ます。少し進むと高尾神社の奥宮がありました。

2014122305

久しぶりの網代城山。相変わらず眺めのない山頂でした。

2014122306

踏み跡を雹留山に向います。途中はゴルフ場が左に見えて、あまり良い道とは言えません。しばらく歩いてたどり着いた72号鉄塔からの眺めはちょっと木に邪魔されます。

2014122307

一旦道路を渡って登り返した71号鉄塔からも大岳山の良い眺め。

2014122308

その先、ちょっと失敗して登り返しました。なんとか道をちょっと迷いながらも進み、ようやく70号鉄塔にたどり着きます。ここからも良い眺め。

2014122309

さらに辿った69号鉄塔には三角点が藪に隠れるようにありました。

2014122310

道路に出るとその先は秋川丘陵ハイキングコースになっています。しかし、通行禁止の文字が見えて、またトラウマが。でも、それは車両に対してで、人は通行可能でした。ただし、伐採中の表示があります。

2014122311

先へ行くと伐採地がありました。一本高い木はわざと残したのかな。

2014122312

途中、雹留山を示す、小さなお手製の道標があり、それに従って踏み跡に入ると、すぐに祠のある場所に着きました。目の前はゴルフ場なので今ひとつ。

2014122313

ハイキングコースをどんどん進んでいき、二条城址の表示で、左に入って登ります。細い道は青竹が生えていて、ちょっと変わった雰囲気。

2014122314

ちょっと暗い感じの二条城址。秋川駅を示す道標がありましたが、この先は通行不能と書かれた注意書きが貼られていましたので、右の上戸吹への道を下りました。

2014122315

上戸吹のバス停に着くと、京王八王子行きのバスは15分待ち。待ってもよかったのですが、ちょっと歩き足りないのでもう少し歩くことに。

2014122316

秋川駅まで歩きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

葛西の富士山巡り

雨の日は軽い散歩。ということで葛西の富士山巡りに行きました。

2014122001

地下鉄東西線葛西駅を歩き出し、しばらく歩いた中割天祖神社へ。

2014122002

中割富士があります。元々は別な場所にあったらしいですが、平成になってからこの地に移動されたそうです。そのせいかしっかり固められているので、登ることもできます。

2014122003

しばらく歩いた場所にある真蔵院というお寺にある雷富士。
あまりにもこじんまりしていて、ちょっと寂しい感じです。こちらも元々は別な場所にあったようです。おそらく一番上の部分だけをここに残したのでしょうね。

2014122004

しばらく歩いて香取神社に着きます。かなり大きな神社のようです。

2014122005

神社にお参りしたのち、裏手に行くと、長島富士があります。こちらはなかなかの大きさ。
元々は明治時代に作られたそうですが、現在のものは大正六年に再築されたものだそうです。

2014122006

このあたりかなりくねくねした道が続きます。ちょっと迷ってしまい、番地を頼りに探すと、ようやく桑川神社に着きました。

2014122007

こちらにはこじんまりした桑川富士がありました。

葛西駅に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山、日向山へ

14日(土)は再び丹沢へ。

2014121401

のんびり起きた朝。軽い山歩きに行こうと、先週同様の路線ですが、上飯山行きに乗り、尼寺(にんじ)バス停で下車して歩き出します。

2014121402

しばらく歩いて登山口。

2014121403

上へ上へと登っていくと小尾根に祠がありました。しかし、これは見てはいけなかった。桜山に向うには、右へ行かなくてはいけませんでした。しかし、尾根は登れそうだったので取り付いて登ってしまいました。

2014121404

明らかに登山道ではありませんでしたが、藪もなく快適な尾根を登って桜山と白山の中間あたりの登山道に飛び出ました。右へしばらく行って桜山。少し木が邪魔しますが、なかなかの眺めです。

2014121406

白山神社には小さな池があります。龍の置物があるのが印象的。ここは雨乞い池だそうです。しまった、こんな写真を撮ってはいけなかったと後で気づきます。

2014121407

白山には展望台があり、なかなか良い眺め。右手に見えるのは大山でしょうね。

2014121408

今回も光る海を眺められました。

2014121409

しばらく歩いてむじな坂峠。

2014121410

ゴルフ場の横なので、キンとか玉を打つ音が聞こえたり、オー!とか声がして興ざめです。
まあ、樹林が邪魔するので、しばらく我慢。
その先は少し静かになります。順礼峠が近づくと公園の雰囲気に変わります。

2014121411

久しぶりの順礼峠は山というよりは、普通の公園の雰囲気でした。

2014121413

先に登ってみると、眺めの良い高台があり、この日もランドマークタワーがよく見えました。

2014121414

これで帰るのはもったいない、ということで、ついでの一山に向います。
自分の持っている数年前の登山地図には七沢温泉バス停から山道が延びていますが、探したのですが、このあたりは獣害避けのフェンスが多数設置されて廃道になっているようです。しばらく林道を進んでハイキングコースに取り付きました。

2014121415

日向山への鞍部に着くと山神様の祠がありました。

2014121416

地図で見て行ってみたかった見城山。大きな説明板があり、このあたりは七沢城址だったようです。朝はあんなにいいお天気だったのに風花が舞い始めました。朝の白山神社の池の写真を撮ったせいかな?

2014121417

久しぶりの日向山。だんだん風花というよりは湿雪の小雪という感じの降り方になりました。

2014121418

日向薬師に向って降りていくと、まだ紅葉が残っていました。

2014121419

日向薬師で参拝。

2014121420

参道を下っていくと、大きな山門と天保時代の作と思われる金剛力士像がありました。
日向薬師は源頼朝の妻が危篤状態になった時に参拝して祈ったという由緒あるお寺です。

日向薬師バス停近くを歩いていると、ちょうどバスが行ってしまうのを見送るはめになりました...。(T_T)
30分ほど待たされて、伊勢原駅に出ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三峰山へ

アップが遅れまくりですが、先週6日は丹沢へ。

2014120601

久しぶりに凍てついた寒い朝。宮が瀬行きのバスに乗るのも随分久しぶり。煤ヶ谷で下車します。

2014120602

七沢山東尾根に取り付きます。最初は急登。寒いのでずっとフリースまで着てましたが、さすがに少し汗をかきました。

2014120603

まだ下部には紅葉が残っていました。

2014120604

水源の森林の杭もときどき見かけます。

2014120605

ちょっと尾根が広くなります。

2014120606

まだモミジも残っていました。

2014120607

モミの大木もときどき見かけるようになります。

2014120608

遠くにはランドマークタワーが望めました。

2014120610

上部は細い尾根になり、いかにも丹沢らしい尾根。左右の崩壊が近いところもありますし、小岩もでてきます。木が尾根に邪魔しているために谷側に体を振らなくてはいけないところがあったりして、ちょっと慎重に進んだところもありますが、なかなか楽しめる尾根でした。
七沢山はあまりピークという感じの場所ではありませんでした。

2014120611

随分久しぶりの三峰山。レポもない頃、冬の雪の日に来たことがありましたが、潅木が伸びてしまって、眺めが少なくなっていました。

2014120612

物見峠に向うと、だいぶ下ったところで小さな崩壊地があり、そこからは丹沢山方面をよく見ることができました。

2014120613

久しぶりの物見峠。昔、大山北尾根から黒岩経由で物見峠を歩いたことがありましたが、こんなところだったかと記憶はまったくありませんでした。

2014120614

久しぶりの辺室山。あんなに晴れていたのに、急にくもってしまって寒い山頂でした。

2014120615

途中、風花がぱらつき、小雪に変わるかと思いましたが、止みました。冬はもう来ているようです。土山峠が近くなると、古い祠が置かれていました。

2014120616

土山峠に着くと、バス時間は調べていませんでしたが20分ほどの待ち。やはり風花がたまに舞います。宮が瀬湖などを見ながら時間を潰して、空いているバスに乗り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曽倉山からコタラ山

30日(日)は扇山近辺へ。

2014113001

浅川公民館で下車して歩き出します。

2014113002

お墓のあたりから取り付き、お堂を見ます。

2014113003

曽倉山西尾根には明瞭な踏み跡が途中までありました。ただし、最近はあまり使われていないようで、かなり倒木や枝などが落ちているので、まともに歩けないところも多々あります。

2014113004

尾根は分かりやすいので、踏み跡を外しても素直に辿っていけばよいだけ。あまりきついところもなく、淡々と登っていきます。写真の右は扇山への踏み跡のようですが、ちょっと分かりにくくなっています。

2014113005

わずかに先へ進めば、曽倉山の山頂。以前はみかけなかった山名板が付けられていました。

2014113006

きつい登りを頑張ると、扇山。午前中は天気が良い予報でしたが、予想外のガスの中の寒い山頂でした。

2014113007

しばらく百蔵山への登山道を辿り、コタラ山を巻くところでそのまま直登道に入りました。このあたり樹林を伐採しているので、だいぶ木が倒れたままになっていて乗り越えながら進みました。

2014113008

コタラ山西尾根に入るとだいぶ藪っぽいです。この時期でやっぱりよかった。10年近く前、西尾根を下ろうとしたのに、誤って浅川公民館近くに下ってしまったことがありました。その時間違った場所が明確にここだと分かりました。

2014113009

磁石と地図で確認しながら進んでいけば、問題なく下っていけました。途中、尾根が少し細くなるところがあります。左手に大きな尾根が見えて、失敗したかと思いましたが、よく考えると左は百蔵山でした。

2014113010

尾根から左に外れて破線路と思われる道を下りました。しかし、途中で道をロスト。植林地を下ってしまい、簡易水道のようなものがあったところに出ましたが、その先は崖っぽくなっていて降りられそうもありません。右往左往して登り返しました。

2014113011

再び、踏み跡を見つけたときの嬉しさといったら!

2014113012

最後も踏み跡が怪しかったですが、なんとかコタラ沢に降り立ちます。しかし、この沢も倒木などがあったりして、降りるのが難しくなっていました。

2014113013

なんとか無事に指さし地蔵に着きました。ちょっと面白い表情の地蔵で、帰り道を教えてくれました。

2014113014

畑に出ると猿の集団がいました。近くの畑にいた方とお話。このあたりはイノシシや猿がよく出るそうです。

2014113016

落合橋に出ると、ピンクとオレンジ主体ですが、きれいな紅葉でびっくり。

小菅の湯へ路線が延びた関係でバスの時間がずれたために、このあたりは3時過ぎまでバスがないため、猿橋駅まで延々と歩いて出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狭山三十三観音(二十六番から三十三番)

狭山三十三観音の二十五番まで歩いたら、最後まで歩くしかないでしょう。
ということで、土曜日は雨予報でしたが、歩いてきました。

2014112901

西武線小手指駅から宮寺西行きのバスに乗りました。
ちなみに1時間に1~2本と本数が少ないので、事前に時刻表を調べておきました。
こんなところ?と思うようなバス停でした。以前は箱根ヶ崎駅へバスがあったようですが、廃線になってしまっているようです。

2014112902

大きな工場があったり狭山茶の茶畑があったり、田舎なんだか都会なんだか、よく分からない感じの道をしばらく歩き、国道16号を過ぎてようやく二十七番寿昌寺。

2014112903

石像閻魔大王像があります。享保15年(1730年)に造られたものらしいです。

2014112904

境内には冬桜が咲いていました。

2014112905

しばらく歩いて、二十六番山際観音堂。

2014112906

またしばらく歩き、二十八番円通庵。

2014112918

境内には力石が残されていました。

2014112907

裏手には重闢茶場碑(かさねてひらくちゃじょうのひ)と茶場後碑(ちゃじょうこうひ)という石碑があります。説明板によると重闢茶場碑は、戦国の乱によって衰微した狭山茶が江戸後期に復興し、それによって天保3年(1832年)に建てられたものだそうです。茶場後碑は明治9年(1876年)に、その後の狭山茶業のあゆみが書かれているそうです。

2014112908

さらに歩いていくと二十九番西勝院。こんな天気なのであまり映えませんでしたが、モミジがなかなかでした。

2014112909

中に入ると観音堂がありました。

2014112910

ちょっと迷って戻ったりしながらなんとか歩いていくと、ようやくたどり着いた三十番松林寺。
雨が本降りになってしまいました。

2014112911

早稲田大学の近くを歩いていきますが、ひどい雨。なんとか三十一番の聴松軒。

2014112912

またしばらく歩いて三十二番の慈眼庵。

2014112913

そしてラストの三十三番妙善院。

2014112914

やっぱり立派な山門。

2014112915

晴れていれば、かなりきれいな赤だったのでしょう。散った葉が落ちた下もきれいでした。

2014112916

立派な寺院でした。

2014112917

バス通りに戻り、大日堂バス停から小手指駅に戻りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »