« 曽倉山からコタラ山 | トップページ | 白山、日向山へ »

三峰山へ

アップが遅れまくりですが、先週6日は丹沢へ。

2014120601

久しぶりに凍てついた寒い朝。宮が瀬行きのバスに乗るのも随分久しぶり。煤ヶ谷で下車します。

2014120602

七沢山東尾根に取り付きます。最初は急登。寒いのでずっとフリースまで着てましたが、さすがに少し汗をかきました。

2014120603

まだ下部には紅葉が残っていました。

2014120604

水源の森林の杭もときどき見かけます。

2014120605

ちょっと尾根が広くなります。

2014120606

まだモミジも残っていました。

2014120607

モミの大木もときどき見かけるようになります。

2014120608

遠くにはランドマークタワーが望めました。

2014120610

上部は細い尾根になり、いかにも丹沢らしい尾根。左右の崩壊が近いところもありますし、小岩もでてきます。木が尾根に邪魔しているために谷側に体を振らなくてはいけないところがあったりして、ちょっと慎重に進んだところもありますが、なかなか楽しめる尾根でした。
七沢山はあまりピークという感じの場所ではありませんでした。

2014120611

随分久しぶりの三峰山。レポもない頃、冬の雪の日に来たことがありましたが、潅木が伸びてしまって、眺めが少なくなっていました。

2014120612

物見峠に向うと、だいぶ下ったところで小さな崩壊地があり、そこからは丹沢山方面をよく見ることができました。

2014120613

久しぶりの物見峠。昔、大山北尾根から黒岩経由で物見峠を歩いたことがありましたが、こんなところだったかと記憶はまったくありませんでした。

2014120614

久しぶりの辺室山。あんなに晴れていたのに、急にくもってしまって寒い山頂でした。

2014120615

途中、風花がぱらつき、小雪に変わるかと思いましたが、止みました。冬はもう来ているようです。土山峠が近くなると、古い祠が置かれていました。

2014120616

土山峠に着くと、バス時間は調べていませんでしたが20分ほどの待ち。やはり風花がたまに舞います。宮が瀬湖などを見ながら時間を潰して、空いているバスに乗り込みました。

« 曽倉山からコタラ山 | トップページ | 白山、日向山へ »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三峰山へ:

« 曽倉山からコタラ山 | トップページ | 白山、日向山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ