« 狭山三十三観音(十七番から二十五番) その2 | トップページ | 曽倉山からコタラ山 »

狭山三十三観音(二十六番から三十三番)

狭山三十三観音の二十五番まで歩いたら、最後まで歩くしかないでしょう。
ということで、土曜日は雨予報でしたが、歩いてきました。

2014112901

西武線小手指駅から宮寺西行きのバスに乗りました。
ちなみに1時間に1~2本と本数が少ないので、事前に時刻表を調べておきました。
こんなところ?と思うようなバス停でした。以前は箱根ヶ崎駅へバスがあったようですが、廃線になってしまっているようです。

2014112902

大きな工場があったり狭山茶の茶畑があったり、田舎なんだか都会なんだか、よく分からない感じの道をしばらく歩き、国道16号を過ぎてようやく二十七番寿昌寺。

2014112903

石像閻魔大王像があります。享保15年(1730年)に造られたものらしいです。

2014112904

境内には冬桜が咲いていました。

2014112905

しばらく歩いて、二十六番山際観音堂。

2014112906

またしばらく歩き、二十八番円通庵。

2014112918

境内には力石が残されていました。

2014112907

裏手には重闢茶場碑(かさねてひらくちゃじょうのひ)と茶場後碑(ちゃじょうこうひ)という石碑があります。説明板によると重闢茶場碑は、戦国の乱によって衰微した狭山茶が江戸後期に復興し、それによって天保3年(1832年)に建てられたものだそうです。茶場後碑は明治9年(1876年)に、その後の狭山茶業のあゆみが書かれているそうです。

2014112908

さらに歩いていくと二十九番西勝院。こんな天気なのであまり映えませんでしたが、モミジがなかなかでした。

2014112909

中に入ると観音堂がありました。

2014112910

ちょっと迷って戻ったりしながらなんとか歩いていくと、ようやくたどり着いた三十番松林寺。
雨が本降りになってしまいました。

2014112911

早稲田大学の近くを歩いていきますが、ひどい雨。なんとか三十一番の聴松軒。

2014112912

またしばらく歩いて三十二番の慈眼庵。

2014112913

そしてラストの三十三番妙善院。

2014112914

やっぱり立派な山門。

2014112915

晴れていれば、かなりきれいな赤だったのでしょう。散った葉が落ちた下もきれいでした。

2014112916

立派な寺院でした。

2014112917

バス通りに戻り、大日堂バス停から小手指駅に戻りました。

« 狭山三十三観音(十七番から二十五番) その2 | トップページ | 曽倉山からコタラ山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、きっかけは置いといて、満願されたのですね。
おめでとうございます。
今年は午歳、秩父・坂東・四国と観音巡りが盛況、
江戸町民の盛り上がりに、やや似てますね。
かく言うZIOめも坂東を廻ってしまいました。
歩くことは修行の一つ、行道ともいいますし、山と修験道も不可分。
その淵を、行きつ戻りつしながら、山歩きを愉しむのも一興かな、と思ったりしてます。

zioさん、こんにちは。

ありがとうございます。無事に全部歩くことができました。
zioさんも遠くの観音巡りに行かれたのですね。
やはり心のやすらぎを求めることができたでしょうか。

観音巡りもそうですが、知らない場所を歩いてみるのは楽しいですね。
狭山は比較的近いですが、それでも、訪れたことのまったくない土地が多く、楽しい歩きとなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狭山三十三観音(二十六番から三十三番):

« 狭山三十三観音(十七番から二十五番) その2 | トップページ | 曽倉山からコタラ山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ