« 富士見台から板当峠 | トップページ | 横尾番所跡へ »

広い眺めの浅間嶺

10日(土)は奥多摩へ。

2015011001

西川橋で下車するのはもちろん一人。

2015011002

寒いせいか、石段を登っても体は冷えたまま。五社神社は静かな神社。

2015011003

しばらく登っていくと五台山。

2015011004

さらに進むと木祠を見ます。意外に新しそう。

2015011005

902m付近からの下りは地図読み尾根ですが、つい最近、測量か何か入ったようでたくさんのテープ。ルートファィンディングの面白みはあまりありませんでした。

2015011006

一本松のところへ出れば古い石仏。

2015011007

ちょっと登れば一本松の山頂。向こうは御前山でしょう。

2015011008

最近は随分減りましたが、まだここにはありましたね。

2015011009

石宮ノ頭(911m)にも山名板があるはずですが、見落したようです。

2015011010

ムケシノ頭にはしっかりありました。

2015011011

登山道に出て少し進むと左手は広大な伐採地。左は御前山、右は大岳山ですね。

2015011012

最近は尾根道も道標が付いたのですね。

2015011013

地形図の浅間嶺には小岩浅間の山名板。

2015011014

休憩舎を過ぎて浅間嶺の大きな標柱のあるところに出れば、富士がしっかり見えました。

2015011015

この付近は広く伐採されていて、以前の面影はありません。ベンチもなくなっていました。

2015011016

下っていくと小さな沢がありますが、氷柱の大きいこと。

2015011017

時坂峠に出て、沢上尾根ノ頭に行きました。樹林の中で眺めもない静かな藪山でした。

2015011018

再び時坂峠に戻ります。峠には古い石仏が。左のは頭二つなのかな?

2015011019

峠付近は古道の雰囲気。一般道を下りました。
途中、人が歩いていたのでパスします。
分岐を見落し、道路を歩いたら、さきほど抜いた人達が前を歩いていました。
やっぱり登山道の方が短いようですね。(^^;

2015011020

せっかくなので払沢ノ滝を往復します。
午後ということもありますけど、やはり結氷はしていませんでした。

帰りのバスを十里木で途中下車して、久しぶりに瀬音の湯に浸かり、冷えた体を温めて帰りました。

この日のレポはこちら。

« 富士見台から板当峠 | トップページ | 横尾番所跡へ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広い眺めの浅間嶺:

« 富士見台から板当峠 | トップページ | 横尾番所跡へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ