« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

横浜の超低山大丸山

25日(日)は横浜の超低山へ。

2015012501

根岸線港南台駅を歩き出し、街中をしばらく歩きます。
港南台5丁目の信号の先の港南台消防出張所の手前を右に曲がり、緩やかに登るとマップがありました。

2015012502

左に折れて山道をしばらく進むと右手が開けます。

2015012503

住宅地が近いので散歩する人も多い中を進んでいくと、いっしんどう広場に着きます。
ほとんど公園という感じです。

2015012504

裏手の道を進み、ゲートの道を左に見たところで折れると草の生えた道があり、わずかに進むと先に展望台だったところがあるところに着きました。鉄柵で入れなくなっていて、どこかの山の会の円海山のプレートが付いていました。

2015012505

再びいっしんどう広場に戻って、先に進みます。この道は鎌倉へ続いている道のようです。
山深くはありませんが、なかなか雰囲気のある道です。

2015012506

ひたすら歩いていきます。途中ではやはり結構人に会いました。

2015012507

途中は右手に住宅地が広がります。すぐに住宅地に降りられるところもありました。

2015012508

わずか先が大丸山の入口。

2015012509

大丸山は小広い山頂。ひだまり軽ハイク(散歩?)にはぴったりです。

2015012510

海や港湾施設も見ることができました。

2015012511

鎌倉の天園まで繋がっているそうですが、自然観察の森に下り、横浜霊園前バス停に下り、金沢八景駅に出ました。1時間に2~3本程度はあるようです。反対側なら大船行きもあるようでした。

この日のレポはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生藤山へ

24日(土)は生藤山へ。

2015012401

和田行きのバスを鎌沢入口で下車します。他にも数人下車しましたが、同じく登山道で生藤山に向うのでしょうね。

2015012402

しばらく歩いて取り付きますが、若干藪っぽいものの意外にしっかりした道。
山王山はあまり眺めのないピークのようです。

2015012403

上の方はちょっと前に植林に手を入れたようで、比較的登りやすい感じでした。

2015012404

あっけなく登山道に出ると、同じバスの人達か右から登ってきました。

2015012405

登山道を外して直登しました。ベンチのあるところに出て、その先には鳥居がありました。

2015012406

その先には木祠があります。

2015012407

石楯尾神社への分岐。この道標も随分古くなってしまいましたね。
すでに右に新しい道標がありますので、壊れても大丈夫です。

2015012408

この道に石仏があったことをすっかり忘れてました。素朴な感じの石仏ですね。

2015012409

上の方はちょっぴり雪が残っていたりします。

2015012410

三国山手前には壊れた石祠の頭と台座。

2015012411

三国山にはもう11時過ぎだったので富士山は頭だけでした。

2015012412

生藤山を往復。

2015012413

下りは931mから町界尾根を下ります。しかし、これが最悪の選択になろうとは。

2015012414

つい最近伐採された感じで下りにくいことこの上なし。

2015012415

鞍部からの下り道はよく踏まれている感じで安心しました。

2015012416

しかし、その先は倒木の嵐。めちゃくちゃに倒れているので、必至に乗り越えました。

2015012417

小屋があり、その上には木祠が。そこには森林整備と書かれていて2月末まで整備中とのことでした。一番最悪なタイミングで入ってしまったようです。

2015012418

登山道を下れば、もうのんびり。石楯尾神社前のバス停に着きますが、帰りのバスまでは1時間20分待ち。待てないので歩いて下り、新町バス停に着くと写真を撮る間もなく、グッドタイミングでバスがやってきたので、飛び乗りました。

この日のレポはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高宕山へ 2

1からのつづきです。

2015011814

崖横の細い道を進み、折れ曲がってはしごを登ると高宕山頂。
富士山もよく見え、素晴らしい眺めの山頂でした。

2015011815

分岐に戻って先へ進むと高宕観音。だいぶ年季の入った建物でした。

2015011816

少し下ると金剛力士像がありますが、親しみのあるちょっと面白い像です。

2015011817

途中に西国観音3分の表示を見て、そちらに入りましたが、かなり歩きにくい道でした。
なんとか進むと岩場に観音が置かれていました。享保らしき文字が土台に見えましたから、1730年台頃のものでしょうか。

2015011818

先へ進んで歩いていくと、猿の餌やり小屋跡に着きました。残念ながら先の石射太郎山頂は柵があり、通行止のようです。

2015011819

植えられたもののような雰囲気ですが、水仙がよく咲いていました。

2015011820

意外にあっという間に林道に下りついてしまいます。たくさん車が置かれていました。
林道を歩いていくと、明るい山村の雰囲気がいい感じでした。

2015011821

植畑上郷のバス停に着くと、なんと13時15分のバスに間に合ってしまいました!ラッキー!(^^)v

2015011822

中島バス停で乗り換えて木更津駅へ。(君津駅行のバスもあります。)
おかげで思ったよりも早く家に帰れました。

この日のレポはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高宕山へ 1

18日(日)は再び房総へ。

2015011801

初めて上総湊駅から戸面原ダム行のバスに乗りますが、バス乗り場がよく分からず、乗り遅れそうになりましたが、なんとか乗ることができて関豊で下車します。バス停名は「関豊駅」と変わっていたようでした。

2015011802

しばらく歩くと道端にはやはり水仙が咲いていました。

2015011803

集落の先から登山道に入ります。

2015011804

こちらの道は一般登山道ですが、あまり歩く人もおらず、荒れているという情報がありました。それを裏付けるように入口には観光協会の名前の入った注意書きがたくさん貼られていました。

2015011805

下部は確かに荒れていて歩きにくい道が続きました。やはり山慣れた人の方がいいでしょう。宇藤木への分岐はひっそりとしています。

2015011806

途中、やはり少し進路が分かりにくいところがあります。苔の付いた岩が出ている上を歩いたりするのは房総らしいです。

2015011807

左上に登るのかと思っていったら道がなくてびっくり。あわてて戻り、よく観察すると、右下の石段を登って、すぐに右に折り返して登るのが正解でした。

2015011808

暗い樹林の中を登るとお茶立場。なぜかやかんが。谷はだいぶ倒木で荒れています。

2015011809

少し登ると三郡山への分岐に着きます。この先道が良くなるかと思ったら、そんなことはなく、巻き道を進んだら、ぱったりと道がなくなっていて戻って稜線を進んだりしました。

2015011810

高宕山に近くなってきました。

2015011811

奥畑からのふれあいの道と合わさるとこれはとても良い道に変わります。

2015011812

高宕山は一度右を巻いてしまい、通り過ぎてから戻るように登るようです。

2015011813

岩場や擬似はしごなどを登ると素晴らしい眺め。でも、まだ山頂は少し先です。

長くなったので2に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小野路の散歩

17日(土)は里山散歩に。

2015011701

多摩センター駅からバスに乗りますが、小野路経由鶴川行きのバスは一時間に一本程度の運行。
ちょうど5分ほど前にいったばかりの時に着いてしまい、1時間近く待たされました。
前もって調べておいた方が良いようです。小野神社前で下車すれば、すぐ先が小野神社です。

2015011702

以前にも小野路は歩いているので、久しぶりの再訪。まずはお参り。

2015011703

歩こうとしていたのは、この六地蔵がある方ですが、神社横の道を登っていってしまい、牛舎を見て見晴らし広場に行ってしまいました。昼食時間だったので、先に昼食を取ってから神社に戻りました。萬松寺の手前を右に曲がれば、六地蔵がひっそりと置かれていました。

2015011704

しばらく歩くと万松寺谷戸が広がっています。

2015011705

静かな尾根道になり、歩いていくと道端には水仙が咲いていました。

2015011706

曲がり角には道祖神。

2015011707

小野路城跡へ向う道脇には笹が生えていて、何か好ましい雰囲気。

2015011708

久しぶりの小野路城跡。さすがにひっそりとしています。

2015011709

裏手には小町井戸。小野小町が病にかかったおり、この山に千日こもり、目を洗ったところ、全快したという伝説から出た名だそうです。

2015011710

しばらく歩いていくと手入れされ竹林などを見て先に進むと奈良ばい谷戸が見えてきます。

2015011711

見晴らし広場からはなかなかの眺め。この写真にはありませんが、右手にはランドマークタワーも見えました。

2015011712

浅間神社でお参り。

再び小野神社前バス停に戻って、バスで多摩センター駅に戻りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うまくたの路

横尾番所跡から久留里城を歩いた後、まだ時間も早いので、うまくたの路を歩くことにしました。

2015011231

久留里線馬来田駅で下車します。

2015011232

駅横には歌碑。作者不明の馬来田を読んだものでした。

2015011233

しばらく歩いて路の駅にも歌碑。こちらは防人の歌でした。

2015011234

やがて川沿いに進むとだんだん民家が少なくなります。

2015011235

数本、早咲きの菜の花が咲きかけていましたが、まだまだこれからですね。

2015011236

広い景色の中を歩くようになります。

2015011237

途中にも歌碑。こちらも作者不明の馬来田の歌。

2015011238

さらに右に曲がって少し進むと再び歌碑。柿本人麻呂の歌碑でした。平成24年に建立とあります。

2015011246

いっせんぼくとの分岐にも万葉歌碑。大伴家持の歌です。

2015011239

従軍馬碑、草競馬場方面の案内板には、妙泉寺方面は通行止です、との記述があります。

2015011240

ちょっと荒れた感じの道を進むと広い感じの場所に出ますが、私有地のため立入禁止の看板がありました。従軍馬碑は含まれるのか、含まれないのか、微妙な位置にありますので、行って見ました。ただ、草競馬場は完全に私有地の中にあると思われ、今は行けないようです。同じ道を戻りました。

2015011241

いっせんぼくは湧水で、こんこんと湧き出ています。流れにはたくさんの貝殻。昔は海だったのかもしれません。しかし、さきほどの私有地で何かの工場でも建てられると、この清水も涸れてしまったりするかもしれませんね。

2015011242

分岐に戻って妙泉寺に向うと再び歌碑。山部赤人の歌が書かれていました。

2015011243

妙泉寺は静かなお寺。

2015011244

ここにも歌碑があるとはびっくり。山上憶良の「銀も 金も玉も 何せむに 勝れる宝 子に及かめやも」という歌で、「銀も金も、玉としても何の役に立とう。どんなすぐれた宝も、子に及ぶものなどあろうか。(ありはしない)」という説明があり、子供などいない自分にはちょっと耳が痛い歌碑でもありました。(^^;

2015011247

再び分岐に戻り、途中、JA農産物直売所うまくたに立ち寄ってミニトマトを買いました。ホントは新鮮な卵を買いたかったのですが、電車で割らずに持って帰る自信がありませんでした。のんびりと駅で列車を待ちましたが、ホームに立っていると吹き抜ける風が寒く、まだやはり冬でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横尾番所跡へ

12日(月:祝)は久しぶりに千葉へ。

2015011201

久留里線に乗り、随分久しぶりの上総亀山駅で下車します。とってもいいお天気。

2015011202

坂畑集落から山に向うと昭和初期の道標。

2015011203

林道という感じの道を歩いていきます。途中、ちょっと分かりにくい分岐もあったりしました。
なんとか取り付きに着きました。

2015011204

尾根を切ってしばらく下ると横尾番所跡。風の吹きぬける寒い竹林の中でした。写真は比較的明るく写っていますが、実際はもっと暗かったです。

2015011205

古い六地蔵が当時しのばせます。

2015011206

その先は孤独感の増す寂しい道が続きます。道は続いていますが、場所によってはかなり細いところもありました。

2015011207

林道に出るとなんとなくホッとしました。

2015011208

少し進むと北向地蔵尊の霊水とかかれた場所に着きます。実際に水が溜まっていました。岩から水がわずかに流れ出ているようで、ポタリポタリと落ちていました。

2015011209

少し先に北向地蔵があります。

2015011210

天保二年の石仏。右側は壊れてしまったのでしょうか。

2015011211

途中で林道から外れて旧道に入りますが、ひどく荒れた道。ほとんど沢みたいな雰囲気でした。その先も荒れていましたが、テープに助けられ、ようやく畑の横に降りたときはホッとしました。

2015011212

しばらく集落を歩き、久留里城入口から山道に入ります。

2015011213

途中には道標があったり、探鳥路の案内板がありましたが、どう見ても今は歩く人はほとんどいなさそうでした。

2015011214

急に観光客の歩く天守閣に出るとギャップがありました。

2015011215

天守閣からはまずまずの眺めでした。

2015011216

資料館にも立ち寄りました。裏手には上総堀りの櫓が展示されていました。

2015011219_2

久留里駅に向うと途中には自噴井戸を二つほど見ました。飲んでみるとなかなか柔らかいお水でした。

2015011218

久留里駅は意外に小さな駅。一時間待ちでした。

この日のレポはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広い眺めの浅間嶺

10日(土)は奥多摩へ。

2015011001

西川橋で下車するのはもちろん一人。

2015011002

寒いせいか、石段を登っても体は冷えたまま。五社神社は静かな神社。

2015011003

しばらく登っていくと五台山。

2015011004

さらに進むと木祠を見ます。意外に新しそう。

2015011005

902m付近からの下りは地図読み尾根ですが、つい最近、測量か何か入ったようでたくさんのテープ。ルートファィンディングの面白みはあまりありませんでした。

2015011006

一本松のところへ出れば古い石仏。

2015011007

ちょっと登れば一本松の山頂。向こうは御前山でしょう。

2015011008

最近は随分減りましたが、まだここにはありましたね。

2015011009

石宮ノ頭(911m)にも山名板があるはずですが、見落したようです。

2015011010

ムケシノ頭にはしっかりありました。

2015011011

登山道に出て少し進むと左手は広大な伐採地。左は御前山、右は大岳山ですね。

2015011012

最近は尾根道も道標が付いたのですね。

2015011013

地形図の浅間嶺には小岩浅間の山名板。

2015011014

休憩舎を過ぎて浅間嶺の大きな標柱のあるところに出れば、富士がしっかり見えました。

2015011015

この付近は広く伐採されていて、以前の面影はありません。ベンチもなくなっていました。

2015011016

下っていくと小さな沢がありますが、氷柱の大きいこと。

2015011017

時坂峠に出て、沢上尾根ノ頭に行きました。樹林の中で眺めもない静かな藪山でした。

2015011018

再び時坂峠に戻ります。峠には古い石仏が。左のは頭二つなのかな?

2015011019

峠付近は古道の雰囲気。一般道を下りました。
途中、人が歩いていたのでパスします。
分岐を見落し、道路を歩いたら、さきほど抜いた人達が前を歩いていました。
やっぱり登山道の方が短いようですね。(^^;

2015011020

せっかくなので払沢ノ滝を往復します。
午後ということもありますけど、やはり結氷はしていませんでした。

帰りのバスを十里木で途中下車して、久しぶりに瀬音の湯に浸かり、冷えた体を温めて帰りました。

この日のレポはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見台から板当峠

4日は今年の初歩き。高尾へ行きました。

2015010401

高尾駅からバスに乗って宮の前で下車します。

2015010402

中宿南尾根に取り付きます。

2015010403

やはり超低山なのでどこを歩いているかを把握するのが、なかなか難しいです。

2015010404

辿っていくとよい踏み跡に出て、御料局三角点を久しぶりに見ます。

2015010405

四辻を見て、登ると421m点。

2015010407

のんびり登山道を辿ると、久しぶりの富士見台。

2015010406

何度も来た事がありますが、こんなに富士がきれいに見えたのは初めてです。

2015010408

昼食を取ってから先へ進みます。杉沢ノ頭は静かな三角点のある山頂。

2015010409

途中には古い境界石標があります。右は浅川、左は上長しか読めません。左は上長房村を示すものでしょうか。

2015010410

滝ノ沢林道を歩くと木の合間から眺めが楽しめます。

2015010411

降りる予定の尾根は伐採のため通行できません。手前の小尾根を下りましたが、途中で踏み跡を外したようで、バラ藪に突っ込み、ひどい尾根でした。
林道に降り立って、のんびり歩いていたら、なんと崩壊地。
左側を通ることも無理な状況になっていましたし、右手は沢まで相当な高さがありますので、左上の藪に突っ込み、なんとか巻いて再び林道に降り立ちました。

2015010412

板当橋を渡れば、バス道路に出ます。恩方中学校バス停からバスに乗りました。

この日のレポはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷中七福神

毎年恒例、七福神巡りは今年は江戸最古と言われる谷中七福神巡りに行って来ました。

2015010201

山手線田端駅で谷中七福神巡りの地図をもらい、少し歩いた東覚寺が福禄寿。
赤紙が大量に貼られた像がありますが、赤紙しか見えず、とても石像とは思えない感じでした。

2015010202

少し歩いた青雲寺。恵比寿天が祭られています。

2015010204

少し先の修性院が布袋尊。

2015010205

しばらく歩き、日暮里で食事をしたのち、天王寺。毘沙門天がありますが、すごい人で行列になりました。

2015010206

ようやくお参りして、谷中墓地を進むと、天王寺の五重塔跡があります。昭和32年に放火により消失したということでした。いつの世にも心ない人というのはいるものですね。

2015010207

途中で右に曲がって進むと長安寺。寿老人があります。こじんまりしたお寺で、寿老人は随分と黒くなっていて、年代を感じさせてくれました。

2015010208

しばらく歩いて護国院。大黒天像があります。

2015010209

上野動物園を外から見ると白馬などがいたりましたが、さらに歩いて不忍池弁天堂。もちろん弁財天です。長蛇の列になっていて結構時間がかかりました。

上野公園の中を通って、人だらけの上野駅に出ました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »