« 谷中七福神 | トップページ | 広い眺めの浅間嶺 »

富士見台から板当峠

4日は今年の初歩き。高尾へ行きました。

2015010401

高尾駅からバスに乗って宮の前で下車します。

2015010402

中宿南尾根に取り付きます。

2015010403

やはり超低山なのでどこを歩いているかを把握するのが、なかなか難しいです。

2015010404

辿っていくとよい踏み跡に出て、御料局三角点を久しぶりに見ます。

2015010405

四辻を見て、登ると421m点。

2015010407

のんびり登山道を辿ると、久しぶりの富士見台。

2015010406

何度も来た事がありますが、こんなに富士がきれいに見えたのは初めてです。

2015010408

昼食を取ってから先へ進みます。杉沢ノ頭は静かな三角点のある山頂。

2015010409

途中には古い境界石標があります。右は浅川、左は上長しか読めません。左は上長房村を示すものでしょうか。

2015010410

滝ノ沢林道を歩くと木の合間から眺めが楽しめます。

2015010411

降りる予定の尾根は伐採のため通行できません。手前の小尾根を下りましたが、途中で踏み跡を外したようで、バラ藪に突っ込み、ひどい尾根でした。
林道に降り立って、のんびり歩いていたら、なんと崩壊地。
左側を通ることも無理な状況になっていましたし、右手は沢まで相当な高さがありますので、左上の藪に突っ込み、なんとか巻いて再び林道に降り立ちました。

2015010412

板当橋を渡れば、バス道路に出ます。恩方中学校バス停からバスに乗りました。

この日のレポはこちら。

« 谷中七福神 | トップページ | 広い眺めの浅間嶺 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士見台から板当峠:

« 谷中七福神 | トップページ | 広い眺めの浅間嶺 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ