« 小野路の散歩 | トップページ | 高宕山へ 2 »

高宕山へ 1

18日(日)は再び房総へ。

2015011801

初めて上総湊駅から戸面原ダム行のバスに乗りますが、バス乗り場がよく分からず、乗り遅れそうになりましたが、なんとか乗ることができて関豊で下車します。バス停名は「関豊駅」と変わっていたようでした。

2015011802

しばらく歩くと道端にはやはり水仙が咲いていました。

2015011803

集落の先から登山道に入ります。

2015011804

こちらの道は一般登山道ですが、あまり歩く人もおらず、荒れているという情報がありました。それを裏付けるように入口には観光協会の名前の入った注意書きがたくさん貼られていました。

2015011805

下部は確かに荒れていて歩きにくい道が続きました。やはり山慣れた人の方がいいでしょう。宇藤木への分岐はひっそりとしています。

2015011806

途中、やはり少し進路が分かりにくいところがあります。苔の付いた岩が出ている上を歩いたりするのは房総らしいです。

2015011807

左上に登るのかと思っていったら道がなくてびっくり。あわてて戻り、よく観察すると、右下の石段を登って、すぐに右に折り返して登るのが正解でした。

2015011808

暗い樹林の中を登るとお茶立場。なぜかやかんが。谷はだいぶ倒木で荒れています。

2015011809

少し登ると三郡山への分岐に着きます。この先道が良くなるかと思ったら、そんなことはなく、巻き道を進んだら、ぱったりと道がなくなっていて戻って稜線を進んだりしました。

2015011810

高宕山に近くなってきました。

2015011811

奥畑からのふれあいの道と合わさるとこれはとても良い道に変わります。

2015011812

高宕山は一度右を巻いてしまい、通り過ぎてから戻るように登るようです。

2015011813

岩場や擬似はしごなどを登ると素晴らしい眺め。でも、まだ山頂は少し先です。

長くなったので2に続きます。

« 小野路の散歩 | トップページ | 高宕山へ 2 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高宕山へ 1:

« 小野路の散歩 | トップページ | 高宕山へ 2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ