« 生藤山へ | トップページ | 雪の矢の音へ »

横浜の超低山大丸山

25日(日)は横浜の超低山へ。

2015012501

根岸線港南台駅を歩き出し、街中をしばらく歩きます。
港南台5丁目の信号の先の港南台消防出張所の手前を右に曲がり、緩やかに登るとマップがありました。

2015012502

左に折れて山道をしばらく進むと右手が開けます。

2015012503

住宅地が近いので散歩する人も多い中を進んでいくと、いっしんどう広場に着きます。
ほとんど公園という感じです。

2015012504

裏手の道を進み、ゲートの道を左に見たところで折れると草の生えた道があり、わずかに進むと先に展望台だったところがあるところに着きました。鉄柵で入れなくなっていて、どこかの山の会の円海山のプレートが付いていました。

2015012505

再びいっしんどう広場に戻って、先に進みます。この道は鎌倉へ続いている道のようです。
山深くはありませんが、なかなか雰囲気のある道です。

2015012506

ひたすら歩いていきます。途中ではやはり結構人に会いました。

2015012507

途中は右手に住宅地が広がります。すぐに住宅地に降りられるところもありました。

2015012508

わずか先が大丸山の入口。

2015012509

大丸山は小広い山頂。ひだまり軽ハイク(散歩?)にはぴったりです。

2015012510

海や港湾施設も見ることができました。

2015012511

鎌倉の天園まで繋がっているそうですが、自然観察の森に下り、横浜霊園前バス停に下り、金沢八景駅に出ました。1時間に2~3本程度はあるようです。反対側なら大船行きもあるようでした。

この日のレポはこちら。

« 生藤山へ | トップページ | 雪の矢の音へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の超低山大丸山:

« 生藤山へ | トップページ | 雪の矢の音へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ