« 雪の矢の音へ | トップページ | 外秩父の小さな二山 »

秋山二十六夜山へ

7日(土)は道志へ。

2015020701

無生野行きのバスを板崎で下車します。

2015020702

道路を登っていくと、向こうに見えるのは矢平山あたりでしょうかね。

2015020703

林道を歩き、東尾根に取り付きます。しばらく登ったら先がないように見えてびっくりしましたが、尾根は左から右に曲がるようにありました。

2015020704

雪はまだらでしたが、結構急なところもありました。途中で後方から作業道のような道と合流しました。

2015020705

尾根を登っていくと雪が増えます。途中で作業道から離れて尾根を辿って登っていきます。

2015020706

ちょっと枝藪に邪魔されたり、場所によっては膝下まで潜るところもありましたが、ほとんどはくるぶし以下でした。892mで右に曲がります。

2015020707

登りついたところから左に曲がって登ると二十六夜山の山頂。足跡は先週のもののような感じでした。

2015020708

粉雪の道を下ると滑ってしまいました。道標を見てすぐ先に二十六夜塔があります。ちょっと写真が暗くなってしまいましたが、明治廿二年(1889)の表示がありました。

2015020709

一般道を下りました。ちょっと沢沿いの道は雪で分かりにくいところがあったりしました。下りついたところには獣害避けのフェンス。雪があると開かないのではないかと心配しましたが、なんとか一人通れるくらいは開けられました。

2015020710

しばらく歩いて寺下峠道に入ります。

2015020711

道を辿っていったのですが、沢から離れてから、右に行く道に入ってしまいました。戻るのも面倒なのでそのまま登ると右手に進み、写真の表示のある、寺下峠よりも右の地点に出てしまいました。登山地図に点線が書かれているコースを歩いてしまったようです。

2015020712

左手に小さなギャップを越えてしばらく下ると寺下峠。さすがに稜線は数人の歩いた跡がありました。

2015020713

途中から見る矢平山はなかなかの風格ですね。ロープのついた下りは慎重に下りました。

2015020714

随分歩いて、道路に出れば、もう終わり。

2015020715

塩瀬大橋から見る倉岳山はなかなかの山ですね。梁川駅まで歩きました。

この日のレポはこちら。

« 雪の矢の音へ | トップページ | 外秩父の小さな二山 »

登山(道志)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋山二十六夜山へ:

« 雪の矢の音へ | トップページ | 外秩父の小さな二山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ