« 太田金山八王子トレイル | トップページ | 安眠の湯 »

太田金山八王子トレイル(金山編)

その1からの続きです。

2015022118

唐沢山には祠もありました。

2015022119

少し戻って分岐から歩いていきます。鉄塔を過ぎて、さらに下っていくと急に右に曲がって谷に下るようになります。

2015022120

谷を下っていくと、やがて登り返しになりますが、尾根を二つほど乗り越える木段のきついアップダウン。マジ疲れました。尾根から下っていくと、やがて畑の横を通って、ようやく用水路の近くに降りることができました。

2015022121

随分と住宅や畑の中を進んで行き、写真を撮り忘れましたが、金山キャンプ場に着きます。尾根道を登っていき、フェンスの扉を開けて通れば登山道。緩やかですが、いくつも小さなコブがあり、やはり城跡らしいです。だいぶ登ったところに坂中城跡。本城防戦の砦となったところのようです。

2015022122

だいぶ登ってようやく本城の真下に。ここには当時の石積みが残っています。

2015022123

金山城跡に着きました。これは新田神社。隣の神社は改修中でした。

2015022124

少し下ると巨木があります。

2015022125

さらに先へ進むと復元された城跡が広がっています。

2015022126

広大な城跡で、これだけを目当てにきても楽しめるのではないでしょうか。

2015022127

復元されたものか、元からなのかよく分からなくなってますが、なかなかいい雰囲気です。

2015022128

物見台などを通って大光院に向います。駐車場を過ぎると人が減って静かな感じ。

2015022129

下りついた大光院は大きな寺院でした。

2015022130

市内を随分歩くと、ようやく太田駅に到着。久しぶりのセミロングコースとなりました。

« 太田金山八王子トレイル | トップページ | 安眠の湯 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太田金山八王子トレイル(金山編):

« 太田金山八王子トレイル | トップページ | 安眠の湯 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ