« 横浜の超低山大丸山 | トップページ | 秋山二十六夜山へ »

雪の矢の音へ

31日(土)は矢の音へ。

2015020101

いつもなら歩くところですが、5分ほどの待ちでバスがあったので底沢まで乗りました。
溶けた雪が上から雨のように降り注いでいました。

2015020102

照手姫の看板があります。先へ進むと再びありましたが、残念ながら同じ内容でした。

2015020103

照手姫の木像。屋根がこいの下にありました。
一本の木を彫ったように見えますが、かなりの太さの木を使ったのでしょうね。

2015020104

沢沿いに少し先へ進むと七ツ淵の表示。わずかに水が流れているだけで淵というほどの場所ではなかったのでちょっと興ざめ。

2015020105

取り付きには71と書かれた水源の森林の杭がありました。

2015020106

以前は作業道だったらしく、そんなに木段は古くなさそうですが、すでに潅木が生えていて藪道になっていました。

2015020107

上部になれば普通の尾根道になり、作業道らしきものもありました。ひたすら登っていくと孫山に着きました。

2015020108

明王峠方面に向います。途中には大平の小屋。

2015020109

矢の音分岐に着くと、矢の音に向う道は誰も歩いていませんでした。別にあてもなかったので、急遽、矢の音に向うことに。写真では分かりにくいですが、枝の合間から富士が見えていました。

2015020110

誰も歩いていない雪の上を進むのは楽しいものです。靴の甲が隠れるくらいだから5~10cmという感じでしょうか。

2015020111

矢の音にこの時期に来るのは初めてでした。葉が落ちると意外に明るい山頂でびっくり。写真だと分からないけど、肉眼では富士がしっかり見えていました。

2015020112

そのままイタドリ沢ノ頭を目指すことにしました。途中には踏み跡がありましたが、分岐から右の道は誰も歩いていませんでした。

2015020113

途中、相模湖方面に下る良い道に入りかけてしまいました。地図を取り出して確認し、小さなピークを越えてこの分岐まで出たところでストックを置き忘れたことに気が付き、地図を確認したところまで再び戻ったので、余計な手間がかかってしまいました。(泣)

2015020114

イタドリ沢ノ頭も葉が落ちるとこんなに明るい場所だったとは。ベンチの雪をちょっとどけて座って昼食にしましたが、しっかりお尻が濡れてしまいました。

2015020115

しばらく下ると大沢ノ頭と書かれたところに着きます。そこから左に行くのが普通っぽかったですが、下には木が横に置かれていて、右に行く方が普通のような感じ。なので右の踏み跡を下る事にしました。

2015020116

踏み跡は比較的分かりやすく、昔はよく使われた感じがありますが、最近はそれほどは歩かれていないかも。ちょっと道の横の笹がかぶるところもあり、雪があるとかなり滑りやすいところもあります。下っていくと88号鉄塔に出ました。

2015020117

日野の集落に出て、のんびり藤野駅まで歩きました。最近はこの115系も置き換えが進んで高尾~大月間では、意外に当たらなくなってきました。見納めまであまり遠くはなさそうですね。

この日のレポはこちら。

« 横浜の超低山大丸山 | トップページ | 秋山二十六夜山へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の矢の音へ:

« 横浜の超低山大丸山 | トップページ | 秋山二十六夜山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ