« 高円寺の寺社巡り | トップページ | 都立家政から練馬高野台 »

彩香の湯

久しぶりに温泉探訪で、先日、戸田にある彩香の湯に行ってきました。

2015030801
(あまり写真が良くありませんが、1Fの入口にある案内です。)

埼京線戸田公園駅または都営三田線高島平駅から送迎バスがあります。
自分は戸田公園駅から乗りました。10分ほどで到着。
直接駐車場に着きましたので、あまり良い写真が撮れませんでした。

入浴料は一般1080円です。でも会員登録料230円払うと850円になるので、2回以上訪れるならば会員登録した方がいいみたいです。

内湯は檜を配したお風呂があり、それは温泉利用。
ちょっと薄茶色っぽい感じのお湯です。混雑していたのでさっと温まったところで外へ。

露天風呂は岩を配したお風呂、寝湯、壷湯、生源泉湯に分かれています。
やっぱり壷湯がお気に入り。この日は雨でしたので、ちょっとぬるめ。
かなりの長湯ができました。

生源泉湯に入りたいと思っていましたが、なかなか空きません。
やはり長時間占有は避けたいところです。
ようやく空いたところで、入ってみると金気臭があって、やはりものすごく濃いお湯。
かなりぬるめでした。

温泉分析表を見るのを忘れましたが、ホームページによるとなんと成分総計19.49gとは。
さすがに信州の小赤沢温泉には及びませんが、東京近辺の温泉で、これはものすごいですね。

しばらく入浴したのち、熱い露天風呂にしばらく浸かってから上がったら、脱衣所で軽いめまいが。成分が強いせいか、長湯は結構危険なようですので、ご注意を。(^^;
ちなみにバスを一本見送り、次のバスまで1時間40分ありましたが、そのうち1時間20分も入浴してしまいました。

やはり人も多いのが難点ではありますが、良い温泉だと思いました。

« 高円寺の寺社巡り | トップページ | 都立家政から練馬高野台 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

ちょっとご無沙汰しておりました。
こんな魅力的な温泉があるんですね、さすがリブルさんは探し上手ですね~

それから一個前の記事ですが、高円寺めぐり。
気象神社で私も二回ほどお願いしましたが、効き目の程は・・・自分次第ですかね(笑)
あの大きなお寺はなかなか風情があっていいですよね。

cyu2さん、こんにちは。
ときどきcyu2さんのblogも見てはいるのですが、なかなか精力的ですね。
蔵王夜行日帰りはびっくりですよ。
あそこまで行くんだったら、二泊三日ぐらいの日程を考えちゃいます。
だから行けないという話もあったりしますが。

なかなか自分で行ってみないと温泉は分かりませんね。
他の人の評価を見て、行ってみると、こんなはずじゃなかったというような温泉もありますし、
評価通りに素晴らしい温泉だった、ということももちろんあります。
この彩香の湯は後者に当てはまりますね。
機会がありましたらどうぞ。

気象神社に行かれたことがあるんですね。しかも二度とは。
これはびっくり。
今週こそは当たって欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩香の湯:

« 高円寺の寺社巡り | トップページ | 都立家政から練馬高野台 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ