« 都立家政から練馬高野台 | トップページ | 廃止予定のバスで太刀岡山 »

高尾梅郷と早春のお花探し

14日は高尾へ。

2015031401

どうせあまり良い天気ではないだろうと高をくくっていたら、意外に良い感じ。
慌てて支度をして高尾駅に着くと、なにやら人が多かったです。
なんだろうと思ったら、高尾梅郷の梅祭りということでした。
駅からしばらく歩くと梅祭り会場があり、出店がありました。

2015031402

川沿いに梅がありますが、ちょっと早い感じでした。

2015031403

これはまずまず咲いている木。全体的には3分~6分咲きという感じで、今週末でもまだ間に合うのではないでしょうか。

2015031404

川沿いに歩いていくと、途中の公園ではまずまずの感じでした。

2015031405

途中にはごく小さな滝がありました。

2015031406

日影沢から高尾山に登ると結構木が切られています。ちょっと切りすぎな気もしますが...。

2015031407

この日は水墨画みたいな感じで、丹沢の山々さえ望むことができませんでした。

2015031408

城山に向かい、途中から左に曲がって大垂水峠へ。

2015031409

大洞山を過ぎて、南高尾山稜を歩いていきます。比較的静かな感じ。

2015031410

久しぶりの中沢山。静かです。

2015031411

途中、相模川よく見えますが、やっぱり丹沢は霞んでいます。

2015031412

泰光寺山も静かなピーク。

2015031413

三沢峠から降りようかと思っていましたが、なんとなくそこまで来ると草戸山に行きたくなってしまいました。でも、この道、結構アップダウンがあるのを忘れてました。天気が悪いせいか、山頂には珍しく誰もいませんでした。

2015031414

さすがに高尾山口までアップダウンの山稜を進む気はなく、草戸峠の先から梅ノ木平に向います。地蔵のあるところに出れば、もう林道。梅ノ木平に出て、あまり通りたくない高尾ジャンクションを通って、高尾山口駅まで歩きました。

ということでこの日見たお花。

2015031421

ノジスミレでしょうね。スミレを見るのは久しぶり。

2015031422

やっぱりハナネコノメ!人も多かったですが、きれいでした。

2015031423

アズマイチゲも咲いていました。

2015031424

天気が今ひとつのせいか、まだこれからというお花も多かったです。

2015031425

アオイスミレも咲き出していました。

2015031426

オキナグサ、あんなところに植栽したとは思えないけどなぁ。

楽しい歩きでした。

« 都立家政から練馬高野台 | トップページ | 廃止予定のバスで太刀岡山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんばんは
ノジスミレがきれいに咲いていたんですね。
私は今年はまだ見ていません。゚゚(´O`)°゚
ハナネコノメも日影沢ではもう満開なんですね。
毎年、咲き始めばかり気にしていて、その後は行きそびれてしまうんですよね。
お花があるとやはり楽しいですね。

はなねこさん、こんにちは。

まだ土曜日はそんなに暖かいというほどではありませんでしたが、
しっかり咲いていました。山中でも写真は撮らなかったけど、タチツボスミレも見かけました。

ハナネコノメ、なかなか一番いい時に当たるのは難しいですね。
大抵、自分が見るのは、もう旬を過ぎた感じのときが多かったので、
こんなにきれいな時に当たったのは久しぶりな気がします。

この数日、ほんとに暖かいし、どんどんお花が咲きそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高尾梅郷と早春のお花探し:

« 都立家政から練馬高野台 | トップページ | 廃止予定のバスで太刀岡山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ