« 彩香の湯 | トップページ | 高尾梅郷と早春のお花探し »

都立家政から練馬高野台

やっぱり雨の日はウォーキング。

2015030801

今回は西武線都立家政駅が歩き出しです。

2015030802

しばらく歩くと静かな南蔵院。大きな鐘楼門がいい雰囲気です。あたりには梅などが咲いていました。

2015030803

古いみちしるべも置かれていて、左高田、そしがや道と書かれていました。

2015030804

さらにしばらく歩き、ちょっと迷いましたが、なんとか良弁塚を発見。七面の石幢があります。これも道しるべだったようです。

2015030805

中村橋駅の横を通ってさらに歩いていき、ようやくついた円光院。以前にも来たことのあるお寺です。横には石仏が並んでいます。

2015030806

さらに歩いて高松の庚申塔。右は宮田橋敷石供養塔。ここも再訪です。

2015030807

御岳神社は静かな神社。ここも再訪。

2015030808

服部半蔵の寄進した仁王像も健在でした。

2015030809

しばらく石神井川沿いの道を歩きました。桜はまだですが、季節までもうあとわずかですね。

2015030810

笹目通りに出て、氷川神社。なかなか大きな境内の神社でした。

2015030812

少し歩くと大きな長命寺に着きます。

2015030811

大きな南大門には持国天、多聞天、増長天、広目天の四天王像が置かれています。
なかでも自分は持国天の凛々しい感じが気に入りました。

2015030813

他にもいろいろ見るものがたくさんあって、なかなか楽しいひと時でした。

練馬高野台駅に出ました。

« 彩香の湯 | トップページ | 高尾梅郷と早春のお花探し »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

今回は、練馬区のウォーキングですか。
石神井で育ちましたので、西武沿線は懐かしいです。
当時は練馬高野台駅が無く、富士見台から石神井公園に向かって
長い下り勾配が続き、富士山の絶景ポイントでした。
生まれたのが石神井川の下流板橋、育ったのが中流の石神井公園付近、
そして今、源流域の小金井に住んでいます。
まるで、人生と石神井川が重なっているようですね。

最近は、府中(国府跡)から派生する放射状の古道を庚申塔や
馬頭観音、二十三夜塔を見つけて写真を撮りながら散策しています。
この道は、奈良時代から鎌倉、江戸に起源があるのでは想像するのが楽しいのです。


たまびとさん、こんにちは。

石神井川もなかなか長いですね。
たまびとさんはずっと石神井川と生活されていたのですね。

東京の都市部でも昔からの古いものが結構残されていますね。
特に街道沿いは意外なものがあって楽しいです。
自分も、まだまだ知らない東京があるし、そんな小さな発見も楽しみの一つですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都立家政から練馬高野台:

« 彩香の湯 | トップページ | 高尾梅郷と早春のお花探し »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ