« 城山かたくりの里で見たお花 | トップページ | 藪山の鹿穴へ »

大築山

相変わらず遅れまくりですが、22日(日)は外秩父へ。

2015032201

明覚駅からバスでせせらぎバスセンターへ。

2015032202

しばらく待てば乗り継ぎでバスがありましたが、歩いてみると桃木のバス停に着いたのは、やはりバスより早かったです。

2015032203

先を旧道に入って、しばらく進むと登山口。淡々と登っていくと、男鹿岩に着きました。
登れるので登ってみましたが、この日はぼんやりの眺めであまり面白みはありませんでした。

2015032204

弓立山に着きます。眺めの良い山頂は数年前に火事があったためです。
山名柱も焼け焦げていました。

2015032205

旧道を探して下ります。少しの間はよかったですが、あまり歩かれていない感じ。民家の横に出て、道路に出ますが、そこからどう行くのか不明。道路を右往左往して下る道を探しましたが、このガードレールの向こうに道があるなんてびっくり。

2015032223

ご覧のように踏み跡はなんとか残っていますが、藪に消え入りそうな道になっています。
自分が持っている2014年の登山地図には赤線になっていますが、ほとんど廃道状態ですね。

2015032207

大附の集落に出るともう桜が咲いていました。このあたりは暖かいのかな。

2015032208

六万部塚への道に入りますが、なかなか分かりにくいです。お墓の手前にはミツマタ。
やはりミツマタはよい天気の日が一番ですね。

2015032209

なんとか登っていき、六万部塚。真ん中左の石には細かい字がびっしりと書かれています。「ものがたり奥武蔵」によると、京都から十万部を持ち帰った僧が、重いのでここに六万部を埋めたとか。

2015032210

ちょっと寄り道で、上谷の大クスを見に行きました。ものすごい大きさの木。
埼玉県第一の巨木です。

2015032211

六万部塚に戻って先へ進みます。広見越は静かな峠。
三面六臂の観音様が立っています。

2015032212

山入の庚申塔は柵で近くに寄れませんでしたので、カメラだけ向けてなんとか撮れました。

2015032213

先へ登っていくと、小築山。静かな山頂です。

2015032214

さらに進むと城跡になり、そこが大築山。右手(写真真ん中右)にさきほど登った弓立山を見ることができました。

2015032215

下っていくと、猿岩峠。風の吹きぬける寒い感じの峠でした。以前は眺めがあったそうですが、今は樹林の中で眺めもありません。

2015032216

峠からは南に下りました。しばらく下るとあじさい山。残念ながら数年前にあじさいは病気のために開花しなくなってしまったようです。今はあじさいはまったく見当たらないようです。平成21年の再生するための取り組みを行っているという看板がありましたが、もう6年も経っているので、復活は難しそうですね。

2015032217

日当たりがよいので、登ると暑いこと。山頂よりは少し手前に休憩舎がありましたが、そこからは大築山など、歩いた山々を見ることができました。山頂は藪っぽそうだし、疲れたのでやめておきました。

2015032218

赤坂の集落経由で下りました。随分歩いてようやく麦原入口付近まで来ると、梅がたくさん。越生梅林へ行かなくても十分楽しめました。

2015032219

こんなピンクのものもあってバス待ちの間、楽しませてくれました。

2015032221

ノジスミレ。

2015032222

オトメスミレ(マルバスミレの誤りでした。)は久しぶり。

ちょっと疲れましたが、なかなか楽しい山々でした。

« 城山かたくりの里で見たお花 | トップページ | 藪山の鹿穴へ »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大築山:

« 城山かたくりの里で見たお花 | トップページ | 藪山の鹿穴へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ