« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

キアゲハ

蝶が舞っていましたので、追いかけてみました。

2015041831

久しぶりのキアゲハ。これは傷もなく、とてもきれいな羽。
すぐに飛んで行ってしまいましたが、春のひと時を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大栃山へ

18日(土)は御坂へ。

2015041801

のんびりめの出発で、久しぶりに石和温泉駅で下車したら、駅舎がきれいになっていてびっくり。甲府発富士山行のバスも通っていくのが見られました。鶯宿行きの9:25発に乗りました。

2015041802

久しぶりに鳥坂トンネルで下車します。もうすでに10時過ぎ。

2015041803

旧道のトンネルは完全にふさがれていました。鳥坂峠に登ります。同じバスだった人は春日山の方に向っていきましたので、これでしばらくは一人旅決定。

2015041805

三角点も見て、さらに歩いていくとテレビ中継局があり、その付近は気持ちの良い広い場所になっています。

2015041807

最近はあまり歩かれていないようで、だいぶ落ち葉が溜まっていたりしているようで、踏み跡ちっくな道になっています。車利用の人は使わない道だからでしょうね。岩交じりの急登は結構きついところ。

2015041809

久しぶりの黒内ノ頭に着くと、結構人が休んでいました。釈迦ヶ岳方面から来ているのでしょうね。

2015041810

トピス峠に急な道を下っていきます。途中から右に見上げる釈迦ヶ岳は、やはり小さなマッターホルンですね。

2015041811

トピス峠はやはり右の檜峯神社への道がしっかりしていますね。大栃山までは結構往復する人がいるようで、途中でも人に会いました。

2015041812

トピス峠からはしばらく急登でしたが、その先、大栃山までは意外になだらかでした。
眺めのいい山頂のようですが、ぼんやりの景色。近年、花粉も含めて大気汚染がひどいのは、やはりどこからかの空気が影響していそうですね。

2015041813

大栃山からの下りに入ると、さすがにほとんど歩かれていない雰囲気になります。
地形図を家に置いてきてしまって、磁石だけしか持っていなかったので、不安になりました。

2015041814

こんな消えかけた道標が立っていますが、落ち葉もたまり、踏み跡も分かりにくくなっている所が結構あります。

2015041815

小栃山に着きます。なかなか長い尾根ですね。ちょっと休憩。

2015041816

途中にはミツバツツジを見かけます。

2015041817

途中、枝尾根に入りそうになり、この道標に救われました。

2015041818

尾根を下っていき、やがて水道施設を見ると横に笹の生えた道。なんとか進んでいくと、四等三角点がありました。

2015041819

フェンスを通り、ちょっと藪を進むと、急に目の前が開けて、桃の栽培地に出ました。

2015041821

桃の花見なら前週までと思っていたものの、ほとんど終わりかけていましたが、わずかに咲き残りを見ることができました。

2015041822

室部へ出てもバスまで相当な時間があるので、下ります。途中にはリニア新線が通っていました。歩きながら見ていたら、あっという間に1本通り過ぎていきました。もしかしたら、スピード記録がでたときか?なんてね。(^^;

2015041823

栗合バス停まで歩きました。どうせ10分は遅れてくるだろうと思っていたら、20分も遅れてきて、もうこないのかと思いました。

番外編:

2015041824

ちょっと写真が見難いかもしれませんが、石和温泉駅の時刻表に鶯宿行7:22という時刻が書かれていました。富士急山梨バス(以前は富士急平和バスでしたが、合併したらしい。)のページには、7:21山梨県立博物館発しか書かれていません。

もしこの7:22発のバスがあると、とても便利になりますが、果たしてこのバスは来るんでしょうか?誰か教えて!(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三ノ塔へ

風邪を引いてしまい、ちょっぴり寝込んでしまいました。
バックログも溜まっている状態ですが、12日は丹沢へ。

2015041201

いつもながらのヤビツ峠が歩き出し。
去年もこの時期でしたが、今年はやはり急に暖かくなったせいか、ミツマタの咲くのが早く、雪が降ったこともあって、ほとんど終わりかけ。お花も気が抜けた色合いでした。

2015041202

途中の14号鉄塔尾根や15号鉄塔尾根への取り付きの林道入口には、とうとう立入禁止の表示が付いてしまいました。残念ながら、もう歩けませんね。
その先へ行くのは、もう随分久しぶりのこと。札掛への橋を渡るのも長尾尾根を歩いて以来です。

2015041203

沢の渡渉が一番のネックでしたが、うまく渡渉できて一安心。尾根に取り付くと急登が続きますが、分かりやすい尾根で踏み跡もそれなりにありました。

2015041204

ひたすら登っていきます。自分のペースで登れるのでそんなに疲れない感じです。
ちょっと風が冷たい感じでした。右にフェンスを見ると広い所を通ります。

2015041205

再度、樹林の中の急登を過ぎると、フェンスを通り、そこがヨモギ平の一角。
数日前に降った雪があるかと思っていましたが、すっかり溶けていたようです。

2015041206

ちょっとボサが伸びてはいますが、ブナのある広い気持ちのいい場所。
天気の良さもあって、しばらく休んで雰囲気を楽しみました。

2015041207

小さなピークを過ぎてわずかに下るとヨモギ平の表示があります。左手から踏み跡が来ているようでベンチもありました。ボスコキャンプ場から来ている道でしょうね。

2015041208

ここもやはりいい感じの場所ですね。

2015041209

壊れた鹿柵をくぐって先へ行くと、下ってきた人に会いました。
まだ10時30分くらいでしたが、ヨモギ尾根と知っていて下るのかな。
先へ進むと三ノ塔に向って急登になりますが、途中からはモノレールが設置されていました。

2015041210

登山道に出れば、ひさしぶりに会う石仏。

2015041211

もう随分表尾根もご無沙汰です。雪はこの縦走路では、ほとんど溶けていたようでした。

2015041212

緩やかに歩けば、三ノ塔の小屋があり、ベンチで昼食にしました。
しかし、もうぼんやりの天気。今年はこんな天気が多いですね。

2015041213

少し先から、まだ歩いたことのなかった三ノ塔尾根に入ります。

2015041214

少し下ると木段が出てきて急下降。左下には町並みを眺められたりして、悪くない感じです。登っている人も下っている人にも結構会いました。
ずっと尾根の直下降ではないので、大倉尾根よりは変化がある感じです。

2015041215

随分下ると林道に出ました。その先、右手の林道は通行禁止の表示。ありゃ、大倉方面に行くには左の林道を下るしかないのかな、と思ったら、右上の登山道は通行可能でした。

2015041216

その先はあまり急なところもなく、長々と尾根を辿って緩やかな下り。ちょっぴり冗長な雰囲気でしたが、やはりハイキングの人はそれなりにいるようです。
随分下って道路に出れば、もう秦野戸川公園の一部でした。ヤマザクラがきれいに咲いていました。

2015041217

オキナグサの幟が付近に立っていて、自分は別に探さなかったけど、なんだろうと思ったら、どうも植栽のオキナグサがあるようです。ちなみにこの日は育てたオキナグサを売るイベントも予定されていたようですが、生育不良のために中止という表示もありました。
付近はもう新緑の季節。いい雰囲気でした。

ということで見たお花。

2015041218

ニオイタチツボスミレ。久しぶりに香りを楽しみました。

2015041219

ヤマルリソウもありました。

2015041220

ナガバノスミレサイシンは前日の雨に濡れていました。

やはり天気の良い日は楽しかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いつもの那須温泉鹿の湯へ

5日(日)、18切符最後の一枚は、結局雨だったので那須温泉へ。

2015040502

随分久しぶりの鹿の湯。さすがに入浴料は500円と上がっていました。

硫黄たっぷりのお湯で長湯。
上がってから時計を見たら、なんと2時間弱も入ってしまいました。これは記録かも。(^^;

バス時間を間違えてしまい、5分前に行ってしまうというアクシデント。
次のバスは1時間待ちです。

2015040503

暇だったので、温泉神社でお参り。大きな木もあって楽しめました。
帰りは宇都宮で途中下車。
にんにくたっぷりの宇都宮餃子をお腹一杯食べてから帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山のはずが伊香保温泉露天風呂

先週4日は青春18切符の残りが2枚。群馬県は曇り予報だったので小さな山に行こうとしましたが、高崎駅で下車すると、しっかり雨。
こりゃだめでしょ、と急遽、こんなときの伊香保温泉へ。

2015040501

雨のせいか、人も少なめ。そのせいかどうか、お湯も熱めに設定されていたようで、熱い方のお湯はかなり熱めで、普段はぬるい方でもそれなりの温度になっていました。

いつもながらのいいお湯、満喫しました。

久しぶりにたっぷり浸かったので、疲れてしまい、はしご湯はせず、早めに帰宅しました。
いつものお店の温泉饅頭が美味しかったです。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藪山の鹿穴へ

このところ、忙しかったので、久しぶりに更新。
もう1週間半も経ってしまいましたが、28日(土)は甲府の鹿穴へ。

2015032801

話題がタイムリーとはとても言えませんが、バスを武田神社で下車すると桜が咲いておりました。天気は晴れ予想だったのに予想外のくもりで、「残念!」という感じ。

2015032802

武田神社でお参り。やはり朝は掃除している人達がいらっしゃいました。

2015032803

以前、大日影経由で鹿穴に登りましたが、同様に竜華池に登ります。南アルプスの山を眺められます。しかし、その先、現在工事中のために躑躅ヶ崎園地に向うことができません。ありゃ、これはびっくり。

2015032804

仕方なく、一旦降りて、回りこんでしばらく歩くと山に向う踏み跡が。それを辿ると藪になってしまいましたが、藪の中をしばらく登ると踏み跡があり、右手に行くと、以前も見たこの看板に出ました。しかし、後で調べると竜華池を逆に回りこんだ方がよかったようでした。

2015032805

しばらく登ると躑躅ヶ崎園地。以前よりも木が伸びたようでした。

2015032806

武田の杜遊歩道を大黒峠に向います。途中で右に分岐する道は通行止か、ロープが張られていました。山裾を回る道であまり眺めもなく、やはり下山路向きなようです。

2015032807

随分歩いていくと、左手が開けます。右に分岐するのは東山への直登路。それを見送って先へ進みます。

2015032808

ダンコウバイがとてもよい花付きでした。

2015032809

要害温泉への道を分岐すると道が悪くなり、あまり人が歩いていないようです。道型はしっかりしているので迷うことはないと思います。だいぶ歩いてようやく大黒峠。
しかし、この先、下山路として考えていた善光寺方面の道は立入禁止の黄色テープの上に、この先通行できませんの表示。

2015032810

とりあえず下山路は鹿穴で考えるとして、先へ進みます。鹿穴に向けて登っていくと、富士が大きく見えました。この時期にしては雪が少なめな感じでした。

2015032811

いつものように分岐から藪の中を登って、鹿穴の三角点。
ここはあまり変わっていないですね。

2015032813

鹿穴で地図を確認すると大日影から茶道峠へ尾根が伸びている模様。それを下る事にして、以前歩いたコースを下る事にして、大岩園地から東山へ。以前と同様、東山は静かなピーク。

2015032824

大日影は刈られた小広いピーク。天気もよくなってポカポカと暖かく、ここで昼食にしました。

2015032814

大日影からの尾根は防火帯の尾根になっていて、踏み跡もしっかりあって、問題ない尾根。ダンコウバイがかなり咲いていて、特にこの木はすごかったです。

2015032815

岩窪林道に降りることができ、茶道峠手前に出て、愛宕スカイラインへ。桜の木は残念ながらこの時点では蕾のままで咲いておらず、もう少しでした。

2015032816

円光院に立ち寄ります。なかなかの大きなお寺。特に墓地の大きさは圧倒的でした。由緒あるお寺なのでしょうね。

2015032817

今回の目的、武田信玄公のお墓。武田氏のお墓は何箇所か存在しますが、ここは3年間の秘葬を命じ、荼毘に付された土屋氏の邸跡です。写真では分からないと思いますが、ヤツブサウメがまだ咲いていました。

2015032818

ところどころにある案内地図を見て歩き、大泉寺に立ち寄ります。ここは父信虎のお墓があり、お参りしました。この山門は特にすごい感じ。この山門を通った先の石畳も古い感じで印象的でした。

2015032819

華光院にも立ち寄り、山裾古の道を歩いていくと、みはらし台があります。

2015032820

舞鶴城公園に着くと、桜がきれいに咲き始めていました。やはりお城と桜は合いますね。

2015032821

城跡に咲く、桜は青空をバックに一番きれいな時。素晴らしい桜に会えました。
ちなみに下にはお花見客がたくさんでした。

2015032822

天守閣跡に登ってみると、なかなかの眺め。この小さな写真では分かりにくいけど、アンテナの横に富士山があります。

2015032823

南アルプスももう霞んでいました。甲府駅はすぐそこです。

楽しい歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »