« いつもの那須温泉鹿の湯へ | トップページ | 大栃山へ »

三ノ塔へ

風邪を引いてしまい、ちょっぴり寝込んでしまいました。
バックログも溜まっている状態ですが、12日は丹沢へ。

2015041201

いつもながらのヤビツ峠が歩き出し。
去年もこの時期でしたが、今年はやはり急に暖かくなったせいか、ミツマタの咲くのが早く、雪が降ったこともあって、ほとんど終わりかけ。お花も気が抜けた色合いでした。

2015041202

途中の14号鉄塔尾根や15号鉄塔尾根への取り付きの林道入口には、とうとう立入禁止の表示が付いてしまいました。残念ながら、もう歩けませんね。
その先へ行くのは、もう随分久しぶりのこと。札掛への橋を渡るのも長尾尾根を歩いて以来です。

2015041203

沢の渡渉が一番のネックでしたが、うまく渡渉できて一安心。尾根に取り付くと急登が続きますが、分かりやすい尾根で踏み跡もそれなりにありました。

2015041204

ひたすら登っていきます。自分のペースで登れるのでそんなに疲れない感じです。
ちょっと風が冷たい感じでした。右にフェンスを見ると広い所を通ります。

2015041205

再度、樹林の中の急登を過ぎると、フェンスを通り、そこがヨモギ平の一角。
数日前に降った雪があるかと思っていましたが、すっかり溶けていたようです。

2015041206

ちょっとボサが伸びてはいますが、ブナのある広い気持ちのいい場所。
天気の良さもあって、しばらく休んで雰囲気を楽しみました。

2015041207

小さなピークを過ぎてわずかに下るとヨモギ平の表示があります。左手から踏み跡が来ているようでベンチもありました。ボスコキャンプ場から来ている道でしょうね。

2015041208

ここもやはりいい感じの場所ですね。

2015041209

壊れた鹿柵をくぐって先へ行くと、下ってきた人に会いました。
まだ10時30分くらいでしたが、ヨモギ尾根と知っていて下るのかな。
先へ進むと三ノ塔に向って急登になりますが、途中からはモノレールが設置されていました。

2015041210

登山道に出れば、ひさしぶりに会う石仏。

2015041211

もう随分表尾根もご無沙汰です。雪はこの縦走路では、ほとんど溶けていたようでした。

2015041212

緩やかに歩けば、三ノ塔の小屋があり、ベンチで昼食にしました。
しかし、もうぼんやりの天気。今年はこんな天気が多いですね。

2015041213

少し先から、まだ歩いたことのなかった三ノ塔尾根に入ります。

2015041214

少し下ると木段が出てきて急下降。左下には町並みを眺められたりして、悪くない感じです。登っている人も下っている人にも結構会いました。
ずっと尾根の直下降ではないので、大倉尾根よりは変化がある感じです。

2015041215

随分下ると林道に出ました。その先、右手の林道は通行禁止の表示。ありゃ、大倉方面に行くには左の林道を下るしかないのかな、と思ったら、右上の登山道は通行可能でした。

2015041216

その先はあまり急なところもなく、長々と尾根を辿って緩やかな下り。ちょっぴり冗長な雰囲気でしたが、やはりハイキングの人はそれなりにいるようです。
随分下って道路に出れば、もう秦野戸川公園の一部でした。ヤマザクラがきれいに咲いていました。

2015041217

オキナグサの幟が付近に立っていて、自分は別に探さなかったけど、なんだろうと思ったら、どうも植栽のオキナグサがあるようです。ちなみにこの日は育てたオキナグサを売るイベントも予定されていたようですが、生育不良のために中止という表示もありました。
付近はもう新緑の季節。いい雰囲気でした。

ということで見たお花。

2015041218

ニオイタチツボスミレ。久しぶりに香りを楽しみました。

2015041219

ヤマルリソウもありました。

2015041220

ナガバノスミレサイシンは前日の雨に濡れていました。

やはり天気の良い日は楽しかったです。

« いつもの那須温泉鹿の湯へ | トップページ | 大栃山へ »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

ブログの更新が遅れているなぁと思っていましたが、風邪を引かれたのでしたか。
春は足早に山を駆け上がって行きますね。
私はイワウチワを見たくて、奥多摩のサルギ尾根に行って来ました。
鉄五郎新道ほどではありませんが、高岩山周辺に3か所の群落があり、
登山者も少なくゆっくりと鑑賞できました。
連休はどこは行こうか思案中です。

丹沢、私も久しぶりに行きたくなりました。

たまびとさん、こんにちは。

ちょっとこのところ、いろいろ忙しいこともあり、アップが遅くなってタイミングを逸していますね。
本当に季節の過ぎるのはあっという間です。
イワウチワ、楽しまれたようですね。

連休は毎年のことですが、やはりずっといい天気とはいかないようですね。
後半があまりよくないのがちょっと残念。

chiyomiさん、こんにちは。

たまには丹沢もいいですね。
そろそろシロヤシオも気になりますし...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三ノ塔へ:

« いつもの那須温泉鹿の湯へ | トップページ | 大栃山へ »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ