« 大築山 | トップページ | 山のはずが伊香保温泉露天風呂 »

藪山の鹿穴へ

このところ、忙しかったので、久しぶりに更新。
もう1週間半も経ってしまいましたが、28日(土)は甲府の鹿穴へ。

2015032801

話題がタイムリーとはとても言えませんが、バスを武田神社で下車すると桜が咲いておりました。天気は晴れ予想だったのに予想外のくもりで、「残念!」という感じ。

2015032802

武田神社でお参り。やはり朝は掃除している人達がいらっしゃいました。

2015032803

以前、大日影経由で鹿穴に登りましたが、同様に竜華池に登ります。南アルプスの山を眺められます。しかし、その先、現在工事中のために躑躅ヶ崎園地に向うことができません。ありゃ、これはびっくり。

2015032804

仕方なく、一旦降りて、回りこんでしばらく歩くと山に向う踏み跡が。それを辿ると藪になってしまいましたが、藪の中をしばらく登ると踏み跡があり、右手に行くと、以前も見たこの看板に出ました。しかし、後で調べると竜華池を逆に回りこんだ方がよかったようでした。

2015032805

しばらく登ると躑躅ヶ崎園地。以前よりも木が伸びたようでした。

2015032806

武田の杜遊歩道を大黒峠に向います。途中で右に分岐する道は通行止か、ロープが張られていました。山裾を回る道であまり眺めもなく、やはり下山路向きなようです。

2015032807

随分歩いていくと、左手が開けます。右に分岐するのは東山への直登路。それを見送って先へ進みます。

2015032808

ダンコウバイがとてもよい花付きでした。

2015032809

要害温泉への道を分岐すると道が悪くなり、あまり人が歩いていないようです。道型はしっかりしているので迷うことはないと思います。だいぶ歩いてようやく大黒峠。
しかし、この先、下山路として考えていた善光寺方面の道は立入禁止の黄色テープの上に、この先通行できませんの表示。

2015032810

とりあえず下山路は鹿穴で考えるとして、先へ進みます。鹿穴に向けて登っていくと、富士が大きく見えました。この時期にしては雪が少なめな感じでした。

2015032811

いつものように分岐から藪の中を登って、鹿穴の三角点。
ここはあまり変わっていないですね。

2015032813

鹿穴で地図を確認すると大日影から茶道峠へ尾根が伸びている模様。それを下る事にして、以前歩いたコースを下る事にして、大岩園地から東山へ。以前と同様、東山は静かなピーク。

2015032824

大日影は刈られた小広いピーク。天気もよくなってポカポカと暖かく、ここで昼食にしました。

2015032814

大日影からの尾根は防火帯の尾根になっていて、踏み跡もしっかりあって、問題ない尾根。ダンコウバイがかなり咲いていて、特にこの木はすごかったです。

2015032815

岩窪林道に降りることができ、茶道峠手前に出て、愛宕スカイラインへ。桜の木は残念ながらこの時点では蕾のままで咲いておらず、もう少しでした。

2015032816

円光院に立ち寄ります。なかなかの大きなお寺。特に墓地の大きさは圧倒的でした。由緒あるお寺なのでしょうね。

2015032817

今回の目的、武田信玄公のお墓。武田氏のお墓は何箇所か存在しますが、ここは3年間の秘葬を命じ、荼毘に付された土屋氏の邸跡です。写真では分からないと思いますが、ヤツブサウメがまだ咲いていました。

2015032818

ところどころにある案内地図を見て歩き、大泉寺に立ち寄ります。ここは父信虎のお墓があり、お参りしました。この山門は特にすごい感じ。この山門を通った先の石畳も古い感じで印象的でした。

2015032819

華光院にも立ち寄り、山裾古の道を歩いていくと、みはらし台があります。

2015032820

舞鶴城公園に着くと、桜がきれいに咲き始めていました。やはりお城と桜は合いますね。

2015032821

城跡に咲く、桜は青空をバックに一番きれいな時。素晴らしい桜に会えました。
ちなみに下にはお花見客がたくさんでした。

2015032822

天守閣跡に登ってみると、なかなかの眺め。この小さな写真では分かりにくいけど、アンテナの横に富士山があります。

2015032823

南アルプスももう霞んでいました。甲府駅はすぐそこです。

楽しい歩きでした。

« 大築山 | トップページ | 山のはずが伊香保温泉露天風呂 »

登山(奥秩父)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藪山の鹿穴へ:

« 大築山 | トップページ | 山のはずが伊香保温泉露天風呂 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ