« 檜岳へ | トップページ | 底沢から堂所山 »

武蔵五日市駅から奥多摩駅へ

10日は奥多摩へ。

2015051001

武蔵五日市駅を歩き出します。

2015051002

樽沢を目指します。途中には寒念仏供養塔があります。

2015051003

愛宕神社へ。静かな樹林の中の神社です。

2015051004

このあたりは金比羅山東尾根というらしいですが、三角点も基準点も見落しました。

2015051005

途中の分岐から下って樽沢のシャガを見に行きました。残念ながらちょっと時期が遅かったようで、それなりにはありましたけど、すごいというほどには咲いていませんでした。

2015051007

さすがに低いだけに暑いです。金比羅山はこんなところ、と思うようなピーク。一下りで登山道に出ます。

2015051008

せっかくなので岩場を通って琴平神社まで行って山行の無事を祈ります。

2015051009

金比羅尾根をずんずん登ります。途中にはあじさい山への分岐。そういえばあじさい山、行ったことがないなぁ。そのうちに訪れてみますか。

2015051010

やっぱり長いですね。途中にはヤマツツジが咲き残っていました。

2015051011

途中では女性のランナーさん達と抜きつ抜かれつ。彼女らは走ると速いのですが、坂があると休憩が多いので、歩く自分が追いこし。結局、この写真の付近までだとすると勝った!って感じでした。(^^;

伐採地はしっかり植林されていて、10年もすれば樹林に変わるのかな。

2015051012

途中には植栽のものか、シャクナゲが咲いていました。

2015051013

いつもながらの日の出山からの眺め。さすがに正面の麻生山は巻きましたので、今回は登ってないです。

2015051014

人の多い道を御岳山へ。滅多に逆に歩かないけど、簡易舗装の道を登るのが辛かったです。神社でお参り。

2015051015

実は奥の院、御岳山側から登ったことがありませんでした。初めて登ってみましたが、なかなかきついですね。さすが奥の院。

2015051016

シロヤシオはほとんど終わっていました。

2015051017

まだまだ歩けそうなので、ついこないだ行ったばかりですが、大岳山に向います。2時過ぎという時間だから人などいないだろうと思ったら、まだまだ人。最近は遅い時間に歩く人が増えているようです。予定外に早く山頂に着いたので、奥多摩駅まで歩くことに決定。

2015051018

久しぶりの鋸尾根。鋸山はベンチまであって、時の流れを感じさせてくれました。

2015051019

短いですけど、岩場コースをもちろん選択し、ロープで下ります。眺めのよい岩峰。鋸尾根は自分が山を始めて2回目の山行で歩いた場所、ここは山に魅せられたとても印象的な場所です。

2015051020

何度歩いても怖い石段も健在です。

2015051021

夕刻、奥多摩駅にようやくたどり着きました。

2015051031

途中にはギンさんが咲いていました。

« 檜岳へ | トップページ | 底沢から堂所山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

勝ち負けじゃないでしょ~(笑)

五日市駅から御岳山~大岳山経由で奥多摩駅までですか、
ずいぶん長距離を歩かれましたね。
そろそろ奥多摩の山歩きも暑くなってきました。

南沢あじさい山はおととし行きました。
沢沿いの杉林の中に一面アジサイが咲いていていい感じでしたよ。
まだ見ていませんが、近くに樹齢400年の「山抱きの大樫」があります。
来週には梅雨入り、これから一ヶ月半、さてどうしますか。

れれちゃん、こんにちは。

まあまあ、ジョークですから。(^^;

たまびとさん、こんにちは。

あじさい山に行かれたことがありますか。
おお、巨樹もあるのですね。それはぜひ行かなくては。(^^)

6月は雨が少ないという長期予報ですね。その代わり7月は多量に降る予想だとか。
またどこかの山が崩れて歩けなくなったりしないといいですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵五日市駅から奥多摩駅へ:

« 檜岳へ | トップページ | 底沢から堂所山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ