« 京ヶ倉へ | トップページ | マイナーコースの大岳山 »

権現山、麻生山へ

アップがなかなか追いつけませんが、5/2は権現山へ。

2015050201

久しぶりに浅川で下車。辿ったことのない浅川峠への道を辿ります。

2015050202

途中の新緑がきれいでした。

2015050203

登山道は比較的歩きやすいですが、若干道が細いところもありました。でも、最近は登る人も多いので不安もなく、浅川峠に到着。

2015050204

浅川峠からの入口付近は踏み跡が消えかけていて、うろうろ。しばらく進んで下りに入るとようやく道型が分かる感じになりました。

2015050205

途中はやはり枝や木の堆積物などでほとんど廃道状態。それでも道型を辿ると沢に出ました。

2015050206

小沢を渡って広場に出ると棚頭の亀石。面白い石ですね。特に大きい方は鉢巻をしているみたい。

2015050207

しばらくは道路歩き。日差しが暑かったですが、爽やかな5月の風で気持ちよかったです。

2015050208

746mに上がり、1245mへの尾根を登ります。最初の植林は少しずつ伸びている感じ。

2015050209

予想以上にきつい尾根。ひどい急傾斜のところが多く、登るのに疲れます。

2015050210

やっとこさで登り着いた縦走路。新緑がきれいでした。縦走路からわずかに登った1245m点は石標が埋まっていました。

2015050211

権現山からは霞んでいましたが、富士が見られました。

2015050212

自分が好きなのは、この反対方向の眺め。広がる新緑の山々は気持ちの良いものです。

2015050213

昼食後は麻生山に向います。

2015050214

いつもながらの静かな麻生山。

2015050215

尾名手峠のヒカゲツツジ、今年はやはり早かったようですが、まだなんとか一つ二つ、咲き残りに出会えました。

2015050216

静かな三ツ森北峰で一休み。眺める麻生山の新緑が心に響きました。

2015050217

まだ歩いたことのない鋸尾根に向います。

2015050218

確かバスが3時台にあったなぁ、とそれに間に合うように下る事にしたので、途中のピークは巻いてしまいます。そのうちに機会があればピークも踏みたいですね。ぐんぐん下るとやはり歩く人は少なめのせいか、倒木などもあったりします。杉平のバス停近くから見る新緑の山々も印象的でした。

2015050219

杉平入口で3時台のバスに間に合いました。小菅の湯から来ている便らしく、座席はすでに埋まっていました。

2015050220

ということでアカバナヒメイワカガミ、やはりよく咲いていました。

« 京ヶ倉へ | トップページ | マイナーコースの大岳山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 権現山、麻生山へ:

« 京ヶ倉へ | トップページ | マイナーコースの大岳山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ