« キアゲハ | トップページ | ついでに芝桜 »

散り行く桜を見に

2週間以上も経った写真ですっかりタイミングを逸していますが、いまさら公開しちゃいます。4/19は桜を見に秩父の蓑山へ。

2015041901

久しぶりに西武鉄道から秩父鉄道乗り入れの電車に乗って親鼻駅で下車。スイカ・パスモは使えないことを忘れていて、精算しますけど、駅員さん一人しかいないので大混雑。
そういえば、フリー切符にしておけば、安く済んだはずだし、ダブルパンチ。

2015041902

萬福寺からしばらく登ると富士嶽大神の社。

2015041903

水道施設が下に見えますが、そのあたりに咲く桜がきれいでした。フェンスがあって邪魔するので、カメラだけ向けて撮るしかありませんでした。

2015041904

登山道の途中ではニリンソウが咲いていました。

2015041905

芽吹きの森がいい感じです。

2015041906

展望台付近ではヤマザクラが満開。でも自分は、ヤマザクラは近くで見るより点景の方が好きだなぁ。

2015041907

さらに進むとヤマツツジがわずかに咲き始め。蕾がたくさんあったので、桜の後はヤマツツジが楽しめたのでしょうね。

2015041908

その先へ行けば、さまざまな桜が咲いています。

2015041909

天気がどんよりした曇りなのが残念でしたが、まさに桜三昧。

2015041910

桜の種類もいろいろ。展望台から見るこの桜の木はなかなかの大木。

2015041911

まさに桜の園。蓑山には八千本の桜、他にもツツジ、アジサイなどが数多く植栽されているようです。

2015041912

昼食を取ったら、くもり予想だったのに雨がポツポツ降り出してしまいました。下り道にはヤマブキ。暗い日を明るくしてくれます。

2015041913

和銅開珎の碑へ立ち寄ります。和銅の最初の産出地として最初の通貨である和銅開珎に使われたそうです。

2015041914

のんびり歩いて和銅黒谷駅へ出ました。

« キアゲハ | トップページ | ついでに芝桜 »

コメント

こんばんは、
秩父鉄道のレトロな木造駅舎も良いですね。
鉄ちゃんでなくても、旅情に誘われて思わず出かけてみたくなります。
昨年秋、秩父札所巡りをした時に今度は新緑の時期に行こうと思っていましたが、
気が付けば、今年はもうすっかり初夏の気候。
夏までに、総開帳も終わり少し静かになった札所を2,3か所歩きたいと思っています。


たまびとさん、こんにちは。

最近はJR東日本の駅はどんどんきれいになっていきますね。
使う人にとってみればその方がありがたいんでしょうけど、ちょっと没個性の駅が多くなりました。
秩父鉄道のような、こんな古めかしい駅は、郷愁をそそる良い駅ですね。

本当にあっという間に季節は過ぎていきます。
もう夏はすぐそこという気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 散り行く桜を見に:

« キアゲハ | トップページ | ついでに芝桜 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ