« 霧訪山へ | トップページ | 権現山、麻生山へ »

京ヶ倉へ

翌日は京ヶ倉へ。

2015043001

明科駅から村営バスに乗り、役場前で下車します。

2015043002

ちょっと迷いましたが、なんとか道を探して登っていきます。万平まで来ると途中の水田からは素晴らしい北アルプスの眺め。言葉をなくしてしまいます。

2015043003

庚申塔や双体道祖神もあります。屋根囲いはきれいでまだまだ信仰の厚い地元の方が多いようですね。

2015043004

登山道に向う林道から分かれて、藪に突っ込んでこや城跡。今はこんな所に来る人はまずいないようです。

2015043005

城跡らしく、下りはちょっと難儀してなんとか登山口に着きます。

2015043006

ちょいときついですが、頑張って登っていき、おおこば見晴しを過ぎたあたりからヒカゲツツジが!かなり咲いていましたが、今年はやはりお花が早く、ちょっと遅い感じでもありました。

2015043007

それでも、十分に堪能できました。

2015043008

稜線に出て、右へ行き、岩峰に立ち寄ります。やはりまだ雪を抱く山々の眺めはいいものです。

2015043009

巻き道コースと馬の背コースが分かれますので、もちろん馬の背コースを選択。細い岩稜を進むので、ちょっぴり怖いルートです。

2015043010

しばらく進むと大きな岩を巻いて巻き道と合流し、ロープのついたところなどを登っていくと山頂に着きました。日差しが厳しく、暑い上に木が邪魔していたりして、そんなにすごい眺めの山頂ではありませんでした。

2015043011

しばらく下ってから登り返して大城。

2015043012

比較的緩やかなアップダウンの道を進んでいくと物見台。

2015043013

途中には三角点がありますが、三角点まで説明板があったのにはびっくり。

2015043014

右手に見える山はどこの山なのかな。このあたり知らない山が並んでいました。

2015043015

どんどん歩いていくと下っていき、北アルプスの眺めも見えなくなります。分岐から先へ進み、林道に出て少し行くと眠峠。案内板によると生坂の人達がこの峠を越えて麻績などに向ったという峠のようです。眠とは多くの曲がり坂の意味だそうな。

2015043016

分岐に戻って下り、登山口に着きます。

2015043017

林道を下っていくと、心安らぐ景色が広がります。

2015043018

下生坂のバス停に着きますが、オンデマンドになっていて予約しないといけない上に本数が少ないので、やまなみ荘まで歩きます。

2015043019

歩き出してわずかで、天の助け、生坂村にお勤めの方が親切に乗せて頂き、40分は歩かなくていけないところ、数分でやまなみ荘に到着。
おかげでバスまでちょうど1時間待ちなので入浴できました。
再び村営バスで明科駅へ。バスの運転手さんも行きのバスと同じ方でした。

素晴らしい景色と人の親切が心に染みた山旅となりました。

2015043021

イワカガミも咲いていました。

一日目の霧訪山へ

« 霧訪山へ | トップページ | 権現山、麻生山へ »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

今回はずいぶん遠くまで行かれましたね。
帰りも各駅停車だったのでしょうか。
メジャーのルートとは一味違った山旅を楽しんでいる様子が感じられて、
少し羨ましい気持ちです。
地元の人たちとも触れ合うことができ、残雪のアルプスを眺める
良い山でしたね。

私も来月、松本から白骨温泉へ行く予定です。
ただし観光ですけど・・・

たまびとさん、こんにちは。

広くは知られてはいませんが、小さなよい里山です。
ちゃんとした登山道ですので、誰でも登れます。
アルプスを眺めるには、やはりこの時期までですね。
秋もよさそうだけれど、やはり茸山のようで、あまりお勧めできません。

白骨温泉、山の中のいい温泉ですね。
また行きたい温泉の一つです。
ウェストン氏の本で昔の白骨温泉の様子を読んでおくのもいいかもしれませんよ。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京ヶ倉へ:

« 霧訪山へ | トップページ | 権現山、麻生山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ