« 狩倉山へ | トップページ | 藪から景信山へ »

最乗寺から明神ヶ岳

また遅れまくりですが、20日は箱根へ。

2015062001

新松田駅からバスを乗り継いで仁王門で下車して歩き出します。

2015062002

仁王門の手前にはアジサイがいっぱい咲いていました。

2015062003

なかなか風格ある門ですね。

2015062004

しばらく「てんぐのこみち」という歩道を登りました。でも、アジサイがあるのは車道沿いなので、途中で車道を歩くことに。ようやく自分の好きな水色のアジサイを発見!

2015062005

大きな山門を通り、最乗寺でまずはお参り。やはりなかなか大きなお寺ですね。

2015062006

蒸し暑かったのでしっかり金剛水を頂き、奥の院をめざします。途中には天狗像でしょうか。ちょっと恐めの感じ。

2015062007

長い石段を登って奥の院から山道に入ります。

2015062008

あまり歩く人はいなさそうですが、比較的しっかりはした道。でもわずかに藪がかっている所もありました。

2015062009

鉄塔や林道を過ぎてさらに登っていくと、久しぶりに霧の世界に入ります。

2015062010

長い登りが続き、延々と辿っていくと、ようやく縦走路に出ました。残念ながら雲がかかっていて展望なし。

2015062011

途中にはシモツケが咲いていました。あまりお花のないこの時期、赤色が目立ちます。

2015062012

山頂はガスっぽかったですが、すぐになくなりました。とは言え展望はまったくなし。
昔と随分山頂の雰囲気が変わりましたね。

2015062013

今日は軽めコースなので、少し先から登山道を最乗寺に下ります。

2015062014

雨の後のせいか、土が滑りやすく、歩きにくい下りとなりました。途中の水場はしっかり出ていました。

2015062015

下は晴れ、山はくもりの典型的な天気。久しぶりに海を見ることができました。

2015062016

下部は特に歩きにくく、途中、一回転んでしまい、手が泥だらけに。和合下駄のところに出れば終わりです。

2015062017

道了尊バス停から帰りました。

2015062021

ナルコユリがまだ残っていました。

2015062022

ツルシロガネソウも咲いていました。

楽しい歩きでした。

« 狩倉山へ | トップページ | 藪から景信山へ »

登山(箱根)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最乗寺から明神ヶ岳:

« 狩倉山へ | トップページ | 藪から景信山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ