« 醍醐付近の尾根歩き | トップページ | お花散歩の三つ峠 »

雨上がりの高尾山

なんとなく歩きたい、ということで、6日は高尾山へ。

2015060601

高尾駅の歩き出しはすでに12時過ぎ。
6号路を登ります。琵琶滝では修行の方がたくさんいました。
さすがに朝は雨だったせいか、しっとりした感じ。

2015060602

上部の木段も濡れて雰囲気がありますね。

2015060603

高尾山頂付近もちょっと変わりました。山名の書かれた大きな標柱が立っていました。

2015060604

さすがに今日は時間がないので、一丁平まで。すでに2時前でした。

2015060605

まだ歩いたことのない大平林道への道に入ります。

2015060606

大平林道に出たところ。ここは先日大垂水峠に行くときに通ったところでした。

2015060607

その先の大平林道は初めて歩きましたが、随分山深い感じですね。意外に長かったです。

2015060608

途中にはヤマホタルブクロ。

2015060609

先へ行くとだいぶ林道に草が生えて不安になります。ようやく道標があって、稲荷山コースに向います。

2015060610

細い山道に入り、木段を登ってさらに進むと稲荷山コースの途中に飛び出しました。

2015060611

再び六号路の上部を歩いて、3号路を通りますが、かなり暗く、再び雨が来そうなので急ぎ足に。1号路に出てあとはのんびり。たこ杉も健在です。

2015060612

高尾山口駅は木を使った駅舎で、随分きれいになりました。

« 醍醐付近の尾根歩き | トップページ | お花散歩の三つ峠 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは
全部 知ってる道なのに、いつもと違う場所に見えます。
人気が感じられないからでしょうか。
お天気がいまいちの午後に メインの登山道をはずすと
高尾もまだ静かに歩けますね。

はなねこさん、こんにちは。

やはり雨の後のせいか、だいぶ人も少なかったです。
お花もあまり見かけませんでしたし。

大平林道の人の少なさは特に印象的でした。
紅葉の頃なんかは歩いてみてもいいかなという気もしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの高尾山:

« 醍醐付近の尾根歩き | トップページ | お花散歩の三つ峠 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ