« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

赤城山へ

20日(月)は赤城山へ。

2015072001

久しぶりに前橋駅から直通バスに乗って、赤城山ビジターセンターで下車します。

2015072002

下は暑い天気でしたが、赤城山上は霧がかかっていました。

2015072003

覚満淵付近はお花は少ないけど、鹿の食害にあったそうな。最近はシカ避けネットを張り、ようやくお花が少し戻ってきたそうです。
少ないけど、シモツケ。

2015072004

ニッコウキスゲがきれい!

2015072005

ヤマオダマキも少ないです。

2015072006

これはキバナノヤマオダマキに近い感じ。

2015072007

鳥居峠も霧。

2015072008

小沼に登ると少しずつ霧が晴れてきました。

2015072009

人の気配の少ない道を歩いていくと、右手に崩壊地があり、その下に小さな滝が見えました。小滝なのかな。

2015072010

知らないうちにおとぎの森に入っていて、温泉掘削跡地に着いてしまいました。

2015072011

怪しい踏み跡に入り、沢まで降りて探索しましたが、先へ進むのがちょっと嫌になり、再び戻りました。おとぎの森を経由し、尾根経由で銚子の伽藍へ行くことに。ツツジノ峰分岐にはなんと銚子の伽藍を示す道標があってびっくり。

2015072012

ようやく銚子の伽藍と思われる場所に到着。水が暗いところに吸い込まれるように流れていました。

2015072013

分岐に戻って長七郎山へ。日差しがときどきあって、直射日光でひどい暑さ。ようやく着いた山頂もまったく涼しくありませんでした。

2015072014

のんびり下って小沼分岐。

2015072015

再び覚満淵へ。バスまで時間があったので、のんびり待ちました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるゆる大菩薩嶺

えっと、連休の19日(日)は大菩薩へ。

2015071901

ホントは北岳に行こうと思ってましたが、台風のせいで天気は安定せず、天気予報を見て取りやめ。日曜日は関東は安定しないけど悪くなさそうだったので、まったくのノープランで久しぶりに大菩薩嶺に行くことに。甲斐大和駅からのバスを小屋平で下車します。
やっぱりちょっとひんやりする空気が嬉しいです。

2015071902

めちゃめちゃいいお天気。石丸峠に登るとそれなりには暑いですが、この日は雨の後ということもあって、風が涼しく、こんな日に歩けるのは最高です。でも、ほとんどお花は見ません。

2015071903

スキー場のゲレンデのような斜面を下ってきた人達がいたので、登ってみました。

2015071904

登山道に戻って大菩薩峠から大菩薩嶺に向います。のんびり歩いたので、結構抜かれました。やはり若い人がとっても多いですね。

2015071905

気持ちよい天気。南アルプス方面はやはり雲がかかり、見えませんでした。

2015071921

途中にはコウリンカが咲き始めていました。

2015071906

富士はもちろんよく見えましたが、笠雲がかかっていました。
やはり風が強かったのでしょうね。

2015071922

岩場にはシモツケが咲いていました。

2015071907

久しぶりの山頂。標柱の写真は順番待ち状態でした。

2015071908

唐松尾根を下っても良かったのですが、早すぎるので再び大菩薩峠まで戻り、のんびりと下りました。小さな沢があるので手をつけると冷たい水。途中の沢を渡るあたりはいつもながらいい感じでした。

2015071909

今日のメインはこの裂石への道がどうなっているかを見ること。最近は甲斐大和駅からのバスに乗ってしまうので、随分歩いていませんが、この道は昔、何度も上り下りした思い出の道なのです。

2015071910

下り始めると、すぐにこんな標識が落ちていました。確か随分前に崩落のため、道が一部付け替えられたような情報がありました。先が昔からの道なのかな?もうほとんど消えかけているようです。

2015071911

そのまま先へ行くとあまり見覚えの無い道。でも、記憶にないだけなのかも。しかし、やはりその道も一部崩落のために、迂回路ができていて、車道に出ます。しかし、わずかな距離で再び登山道に入りました。

2015071912

その先はなんとなく昔のイメージの残る道。じぐざぐに下っていきます。途中では学生のグループなども含めて結構登ってくる人達がいて、意外に使われているようなので安心しました。 仙石茶屋、随分きれいになっていますね。

2015071913

大菩薩峠登山口に出て、バスの時間を見ると微妙な時間。大菩薩の湯まで下りましたが、次のバスまで40分。その次は1時間40分後なので、ちょっと入浴するにはもったいない感じ。混んでいるようですし、入浴は諦め、バスを待ち、バスを塩山温泉入口で下車していつもの宏池荘(\400)で入浴。気分よく帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巻機山付近のお花達

巻機山にはそれなりにたくさんの種類のお花が咲いていました。

2015071121

ハクサンシャクナゲだと思いますが、終わりかけでした。

2015071122

ハクサンフウロ。少ないけど、咲いていました。

2015071123

ネバリノギラン。

2015071124

今回のヒットは、モウセンゴケ!

2015071125

オオイワカガミは本当に久しぶり。すごい花付きですよね。

2015071126

タテヤマリンドウもたくさん。これでもかと咲いていましたが、朝は閉じていたためか、ほとんど見かけませんでした。

2015071131

ハクサンコザクラが咲いていたのには驚喜!これもホント久しぶりです。

他にもツマトリソウやゴゼンタチバナなどが咲いていました。
楽しいお花の山でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六日町温泉 湯らりあ

巻機山の帰りは六日町で温泉へ。

2015071120

以前は六日町には、六日町中央温泉という、よい温泉がありましたが、随分前に廃業したようです。→2009年のレポ

ということで、最近できた六日町温泉湯らりあへ。
ここは駅からも歩いていける温泉。

清水からのバスならば、駅角バス停で下車して、しばらく歩きます。
施設の付近は2015年7月現在、工事中のため、今は一旦逆側の歩道に渡り、かなり遠い信号を渡って戻らなくてはいけない感じになっていました。

入浴料は400円と安価。公衆浴場ということで、石鹸やシャンプーなどは置いていません。
こじんまりとした施設でした。
お湯は単純温泉で、掛け流しということですが、かなりの熱め。
43度を越えるくらいはあったのではないでしょうか。
お風呂から出るととてもさっぱりしました。

長湯をするという感じではなく、さっと一浴するのによい施設で、山の帰りにはぴったり。
よい温泉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーカンの巻機山 その2

その1からの続きです。

2015071135

みなさん3時頃から起きだしてご来光を見に行ってましたが、自分は寝てました。
見に行った人達が帰るころ、ようやく出発。山頂の表示のあるところからは良い眺め。

2015071111

たぶんここが巻機山の本峰と思われる場所。

2015071112

雲上の楽園を牛ヶ岳に向います。

2015071113

途中にはニッコウキスゲがきれいに咲いていました。

2015071133

途中は笹がかぶるところもありましたが、牛ヶ岳の山頂。三角点は隠れ気味でした。

2015071134

山々の眺めはいいものですね。

2015071114

のんびり同じ道を下ります。

2015071115

途中の右手はきれいな森。

2015071116

やっぱり早く下ってしまいました。

2015071117

駐車場のあたりには石碑が並んでいました。

2015071118

清水へ下りました。途中で車に乗らないかと誘われましたが、のんびり帰りたかったので断って歩いて下りました。バスまでかなりの時間があったので、上田屋さんに入ってお蕎麦を食べます。山菜だらけそば一品のみらしく、お蕎麦やってますか?と聞くとやってますよ、ということで注文になってました。(笑)
ビールも頼み、水に飢えた体に染み渡りました。山菜は軽く油で炒めた感じですが、味があって美味。たっぷり入っていてつまみにもなりました。

清水バス停でバス待ちは直射日光暑すぎです。公衆トイレがあり、その前にベンチもありますが、アスファルトの反射がきついので、すぐ先にある神社の石段で休みました。

2015071119

神社の境内からは巻機山を望むことができました。下から眺めるのもまたいいですね。

バスで六日町に出ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピーカンの巻機山

相変わらず遅れ気味ですが、先週の土日は久しぶりに百名山ハンターになりすまし、
巻機山に行ってきました。

2015071101

塩沢駅からタクシーで桜坂へ。5千円をちょっと越えてしまいました。
でも10時過ぎに歩き出せました。

2015071102

ちょっぴりきついですが、どんどん登っていきます。六合目からはヌクビ沢が見えますが、登っている人達が見えました。上に見えるのは割引岳。

2015071103

前巻機の登りはきつかったです。手前まで来るとお花畑があり、これはウラジロヨウラクでしょうか。

2015071104

コバイケイソウの向こうに見えるのは、谷川連峰。天気が良いと気持ちよい眺めですね。

2015071105

日差しが暑すぎの前巻機。ニセ巻機の名もあり、道標はそれになっていますね。

2015071106

予想外に早く、13時に避難小屋に着いてしまいました。ということでサブザックで山頂へ。
以前のガイドに御機屋とある場所に山頂の表示がありました。

2015071107

割引岳に向います。すぐに雪渓の登りがあり、ストックを持っていなかったので、ちょっと難儀しました。

2015071108

割引岳の山頂には石祠がありました。帰りは雪渓で滑ってしまい、お尻のあたりを泥で汚してしまいました。(T_T)

2015071110

再び山頂表示のある場所に戻りましたが、せっかくなので本峰へ。やはり山頂付近の池塘はいいものですね。

この日は避難小屋に泊まりました。かなりの人で小屋はいっぱいになりました。
水場は雪で埋まっていて使えず、あまりきれいではありませんが、雪渓の雪解け水を使うしかありません。
仕方ないので、煮沸して使用しましたが、できるだけ飲まないようにしました。
こんなことなら、もっと水を持ち上げればよかったです。

その2に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり雨の日の高尾山

雨の日に歩ける山と言えば、やっぱり高尾山。ということで4日に歩いてきました。

2015070401

家を出たときはわずかに降っていましたが、高尾山口駅に着くと上がっていました。
歩き出すとアジサイがきれいです。

2015070402

今日はまた歩いたことのない道が目的。六号路を見送り、その先の病院の横を通って登り始めると意外によい道。

2015070403

意外に大きな木もありました。

2015070404

二号路から四号路に入りますが、たまにしか人に会いません。白いアジサイもありました。

2015070425

ギンリョウソウは雨に打たれた感じ。

2015070405

高尾山頂の標柱。最近建てられました。

2015070406

今日はやっぱり一丁平まで。丹沢の山でさえ見えませんでした。

2015070407

いろんな道を歩いて高尾山口駅へ。
泥のついた靴を洗う場所ができていたので、自分も洗いました。

ということで、この日見たその他のお花。

2015070421

シャクジョウソウは初めてみました。

2015070422

ヤマホトトギスは今年初です。

2015070423

オカトラノオはたくさん咲いていました。

2015070424

オオバキボウシも咲いていました。

2015070426

タカトウダイは葉みたいだけど、これがお花なんですね。

下山途中からは雨に降られ、傘で歩いた一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

藪から景信山へ

6/28は景信山へ。

2015062801

相模湖駅で下車すると、とってもいいお天気。早朝出発できなかったのが、ちょっと残念。

2015062802

いつものように底沢に入るとアジサイがよく咲いていました。

2015062803

砥石沢左俣を登ってみます。途中で折り返さなくてはいけないようですが、そんな踏み跡は見つからず、沢横の踏み跡を辿ります。この時期はかなりの藪。

2015062804

仕方なく、斜面を這い上がると古い作業道を見つけますが、これも怪しくなってしまい、さらに斜面の藪を這い上がりました。

2015062805

再び古い作業道を見つけ、それを辿っていくと、右から来た作業道と合流し、さらに進むとNo15のポールがあって驚喜!

2015062806

そのまま直登して登山道の巻き道を横断し、さらに進むと登山道に出ますが、笹薮の中から出てきたところで、親子連れがちょうど通りがかりました。そのため、不審な目で見られてしまいました。(^^;

2015062807

今年何度目の景信山でしょうか。

2015062808

城山方面の広い眺めが良い感じです。

2015062809

この日はショートコース、小仏峠から小仏に下りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »