« ゆるゆる大菩薩嶺 | トップページ | まえばし駅前天然温泉ゆーゆ »

赤城山へ

20日(月)は赤城山へ。

2015072001

久しぶりに前橋駅から直通バスに乗って、赤城山ビジターセンターで下車します。

2015072002

下は暑い天気でしたが、赤城山上は霧がかかっていました。

2015072003

覚満淵付近はお花は少ないけど、鹿の食害にあったそうな。最近はシカ避けネットを張り、ようやくお花が少し戻ってきたそうです。
少ないけど、シモツケ。

2015072004

ニッコウキスゲがきれい!

2015072005

ヤマオダマキも少ないです。

2015072006

これはキバナノヤマオダマキに近い感じ。

2015072007

鳥居峠も霧。

2015072008

小沼に登ると少しずつ霧が晴れてきました。

2015072009

人の気配の少ない道を歩いていくと、右手に崩壊地があり、その下に小さな滝が見えました。小滝なのかな。

2015072010

知らないうちにおとぎの森に入っていて、温泉掘削跡地に着いてしまいました。

2015072011

怪しい踏み跡に入り、沢まで降りて探索しましたが、先へ進むのがちょっと嫌になり、再び戻りました。おとぎの森を経由し、尾根経由で銚子の伽藍へ行くことに。ツツジノ峰分岐にはなんと銚子の伽藍を示す道標があってびっくり。

2015072012

ようやく銚子の伽藍と思われる場所に到着。水が暗いところに吸い込まれるように流れていました。

2015072013

分岐に戻って長七郎山へ。日差しがときどきあって、直射日光でひどい暑さ。ようやく着いた山頂もまったく涼しくありませんでした。

2015072014

のんびり下って小沼分岐。

2015072015

再び覚満淵へ。バスまで時間があったので、のんびり待ちました。


« ゆるゆる大菩薩嶺 | トップページ | まえばし駅前天然温泉ゆーゆ »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤城山へ:

« ゆるゆる大菩薩嶺 | トップページ | まえばし駅前天然温泉ゆーゆ »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ