« 藪から景信山へ | トップページ | ピーカンの巻機山 »

やっぱり雨の日の高尾山

雨の日に歩ける山と言えば、やっぱり高尾山。ということで4日に歩いてきました。

2015070401

家を出たときはわずかに降っていましたが、高尾山口駅に着くと上がっていました。
歩き出すとアジサイがきれいです。

2015070402

今日はまた歩いたことのない道が目的。六号路を見送り、その先の病院の横を通って登り始めると意外によい道。

2015070403

意外に大きな木もありました。

2015070404

二号路から四号路に入りますが、たまにしか人に会いません。白いアジサイもありました。

2015070425

ギンリョウソウは雨に打たれた感じ。

2015070405

高尾山頂の標柱。最近建てられました。

2015070406

今日はやっぱり一丁平まで。丹沢の山でさえ見えませんでした。

2015070407

いろんな道を歩いて高尾山口駅へ。
泥のついた靴を洗う場所ができていたので、自分も洗いました。

ということで、この日見たその他のお花。

2015070421

シャクジョウソウは初めてみました。

2015070422

ヤマホトトギスは今年初です。

2015070423

オカトラノオはたくさん咲いていました。

2015070424

オオバキボウシも咲いていました。

2015070426

タカトウダイは葉みたいだけど、これがお花なんですね。

下山途中からは雨に降られ、傘で歩いた一日でした。

« 藪から景信山へ | トップページ | ピーカンの巻機山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

シャクジョウソウ、いいなぁ。
まだ見た事ないです。

れれちゃん、こんにちは。

まさか、初のお花に会えるとは思わなかったので、びっくりでした。
腐生植物は毎年必ず同じ場所で出るとは限らないので、次にいつ会えるか分かりませんね。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり雨の日の高尾山:

« 藪から景信山へ | トップページ | ピーカンの巻機山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ