« 最乗寺から明神ヶ岳 | トップページ | やっぱり雨の日の高尾山 »

藪から景信山へ

6/28は景信山へ。

2015062801

相模湖駅で下車すると、とってもいいお天気。早朝出発できなかったのが、ちょっと残念。

2015062802

いつものように底沢に入るとアジサイがよく咲いていました。

2015062803

砥石沢左俣を登ってみます。途中で折り返さなくてはいけないようですが、そんな踏み跡は見つからず、沢横の踏み跡を辿ります。この時期はかなりの藪。

2015062804

仕方なく、斜面を這い上がると古い作業道を見つけますが、これも怪しくなってしまい、さらに斜面の藪を這い上がりました。

2015062805

再び古い作業道を見つけ、それを辿っていくと、右から来た作業道と合流し、さらに進むとNo15のポールがあって驚喜!

2015062806

そのまま直登して登山道の巻き道を横断し、さらに進むと登山道に出ますが、笹薮の中から出てきたところで、親子連れがちょうど通りがかりました。そのため、不審な目で見られてしまいました。(^^;

2015062807

今年何度目の景信山でしょうか。

2015062808

城山方面の広い眺めが良い感じです。

2015062809

この日はショートコース、小仏峠から小仏に下りました。

 

« 最乗寺から明神ヶ岳 | トップページ | やっぱり雨の日の高尾山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藪から景信山へ:

« 最乗寺から明神ヶ岳 | トップページ | やっぱり雨の日の高尾山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ